ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 719系近郊形交流電車

719系近郊形交流電車


メニュー

各番代の形式写真ページは下記のリンクをクリックしてください。

0番代概説

 JR東日本仙台地区で使用されていた急行形交直流電車の置換用とて、1989(平成元)年より新製された。
 輸送の効率化と弾力的な車両運用、省エネルギーと省力化、サービスとアコモデーション改善、新造コスト低減、耐寒・耐雪構造などを配慮して設計され、編成はMcT'cの2両編成として、2~8両編成までに対応、分割・併合を容易に行うため自動解結装置を装備する。
 車体は211系近郊形直流電車を基本とした軽量ステンレス構体を使用し、側扉は片側3ヵ所に両開きのものを設置しているが、半自動対応のステップ付である。窓配置は211系と異なり、側窓は扉間に3枚の窓を配し、中央部のみ下降窓で両側は固定式となっている。前面はFRP製で、213系のように助士席側窓は下方に拡大されている。なお、側面の行先表示器はLED方式である。配色は前面貫通扉と前照灯まわりの帯が緑色、側面窓下が赤・白・緑色の帯となっている。
 客室内は扉の両側をロングシートとしたセミクロスシートで、クロスシートは扉間中央部2列のみボックスシートで、両側は2人掛けのクロスシートを配した特異な集団見合式となっている。
 制御方式は国鉄時代に713系で初めて採用されたサイリスタ連続位相制御で(制御装置はCS55A)、主電動機はMT61(150kw)、ブレーキ方式は電気指令式空気ブレーキである。台車は廃車発生品のDT32系・TR69系となっている。パンタグラフも廃車発生品のPS16Hを搭載する。
 1991(平成3)年までに42編成84両が新製され、仙台に配置、東北本線、仙山線、磐越西線などで使用され、一部の編成は2007~09・15(平成19~21・27)年に磐越西線用として、雪害対策工事が施工されている。
 また、クモハ719-27-クハ718-27は、2015(平成27)年に観光列車「フルーティア」に改造された。
 2016(平成28)年度にE721系1000番代の製造が発表され、719系0番代の置き換えが開始されることになった。

700番代概説

 福島県の観光復興を目的に、JR東日本仙台支社が719系0番代を種車として2015(平成27)年に郡山車両センターで改造された観光列車で、改造後はクモハ719-701+クシ718-701となった。「カフェ&スイーツ列車」をコンセプトとして、1号車クシ718-701はカフェカウンター車両、 2号車クモハ719-701は座席車両としている。
 主に磐越西線で定期列車に併結する形で運転される。

5000番代概説

 奥羽本線福島-山形間は、新在直通方式のミニ新幹線として1992(平成4)年7月に東北新幹線との直通運転を行うことになったが、それに先立ち軌間を 1,067mmから1,435mmに改軌する工事が行われ、1991(平成3)年11月に単線での改軌工事が完了した。この区間のローカル輸送用として、国鉄・JRで初となる在来線用標準軌用電車として1991(平成3)年に新製されたのが719系5000番代である。
 車体は0番代を基本としているが、新在直通運転対応としてホームの嵩上げが行われたため、ステップは廃止された。また、運転区間の特性から床下機器の耐寒・耐雪構造の強化が図られている。帯色は0番代の赤色部分が山形県の県花である紅花をイメージして橙色に変更された。客室内は座席や化粧板の色調が異なるほかは0番代を基本としている。
 台車は廃車発生品ではなく、651系のものを標準軌用とした軽量ボルスタレスのDT60、TR245となっている。パンタグラフは新幹線400系との共通化が考慮されて下枠交差式のPS104となった。(後にシングルアーム化)
 1995(平成7)年12月改正から一部列車でワンマン運転が開始されたが、それに備えてY1~6の6編成がワンマン運転対応改造されている。
 12編成24両が山形に配置され、運転区間は山形新幹線の延伸により、福島-新庄間に拡大している。

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る