ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > E131系一般形直流電車 > 0番代

E131系一般形直流電車|0番代


概説

▼ クリックで展開します
クモハE131-3

クモハE131-1~10

安房鴨川、鹿島神宮方の制御電動車(Mc)。VVVFインバータ制御装置(SC123)を装備する。屋根上にPS33Hパンタグラフを1基搭載。台車はDT80B(前位)、DT80A(後位)、定員142(座席41)名。
写真のクモハE131-3などE131系0番代の一部の車両には前面助士席側窓下に、試験的に小動物避けのスピーカーが設置されている。
クモハE131-3(千マリ)拡大画像を見る
2020.8新製
2022年4月10日 安房鴨川駅にて

クモハE131-81

クモハE131-81・82

線路設備モニタリング装置装備対応編成の制御電動車で、80番代に区分される。線路設備モニタリング装置(軌道変位モニタリング装置)を床下に搭載するため、床下の機器スペースの関係上、客室内3位側に機器室が設置されている。クモハE131-82はモニタリング装置搭載予備編成となっている。ATS-P車上装置などをクロスシート隣に設けた機器室とフリースペース上部の機器箱に設置しているため1・3位側クロスシート部分の窓が小さくなっており、定員も137(座席39)名と少ない。
クモハE131-81(千マリ)拡大画像を見る
2021.2新製
2021年9月5日 安房鴨川駅にて

クハE130-3

クハE130-1~10

千葉方に連結される制御車(Tc')で、4位側に車椅子対応大型便所が設置されている。
台車はTR273D(前位)、TR273A(後位)、定員138(座席38)名。
クハE130-3(千マリ)拡大画像を見る
2020.8新製
2022年4月10日 安房鴨川駅にて

クハE130-81

クハE130-81・82

線路設備モニタリング装置を装備するR11編成と予備編成のR12編成の制御車(Tc')で、80番代に区分される。写真の反対側(3位側)に機器室が設置されており、定員は0番代に比べて130(座席36)名と少ない。
クハE130-81(千マリ)拡大画像を見る
2021.2新製
2021年9月5日 安房鴨川駅にて

クモハE131-9車内

クモハE131形0番代車内

車体中央後部にボックスシートを配置する。80番代では、写真右側のロングシート部分が機器室となる。
クモハE131-9車内 拡大画像を見る
2022年1月10日

クハE130-9車内

クハE130形0番代便所

車椅子対応大型便所を設置している。
クハE130-9便所 拡大画像を見る
2022年1月10日 

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る