ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

113系近郊形直流電車|2000番代


概説

▼ クリックで展開します
モハ113-2072

モハ113-2001~2124

113系2000番代のM車。定員120(座席72)名。
JR発足後、JR西日本においては高速化改造(7000番代)、さらにブレーキテコ改造(7500番代)、先頭車化改造(クモハ113形2000番代)、JR東海においては先頭車化改造(クモハ113形2000番代)、ATS-P取付に伴うブレーキ力改造(2600番代)などの改造が行われている。
写真は2006(平成18)年に国府津から幕張に転属していたマリ117編成のM車で、2009(平成21)年に湘南色の塗色変更されて引退まで活躍した。
モハ113-2072(千マリ)拡大画像を見る
昭和55.4新製→平成23.7廃車
2011年4月3日 木更津駅にて

モハ113-2016

1・3位側を示す。写真はJR西日本のモハ113-2016で、1992(平成4)年2月に高速化対応改造が施工され、モハ113-7016となったが、京都から広島への転属に際して2009(平成21)年5月に高速対応が解除されて原番号に復帰、2012(平成24)年8月には岡山に再転出して地域色(黄色)化されている。なお、7016時代の2004(平成16)年3月に体質改善工事(N30)が施工されている。
モハ113-2016(広ヒロ)拡大画像を見る
昭和53.4新製→モハ113-7016 平成4.2改造→平成16.3体質改善工事→モハ113-2016 平成21.5改造
2011年9月18日 広島駅にて

モハ112-2072

モハ112-2001~2124

113系2000番代のM'車で、パンタグラフ(PS16)とMG・CPを搭載。主電動機はMT54B、台車はDT21B。定員120(座席72)名。
JR発足後、JR西日本においては高速化改造(7000番代)、さらにブレーキテコ改造(7500番代)、先頭車化改造(クモハ112形2000番代)、JR東海においてはATS-P取付に伴うブレーキ力改造(2600番代)、パンタグラフのC-PS24Aへの変更(8000番代)などの改造が行われている。
モハ112-2072(千マリ)拡大画像を見る
昭和55.4新製→平成23.7廃車
2011年4月3日 木更津駅にて

モハ112-2009

1・3位側を示す。
モハ112-2009(静シス)拡大画像を見る
昭和53.3新製→平成15.1廃車 
2006年8月16日 沼津駅にて

モハ112-2016

上掲のモハ113-2016とユニットを組むモハ112-2016。
モハ112-2016(広ヒロ)拡大画像を見る
昭和53.4新製→モハ112-7016 平成4.2改造→平成16.3体質改善工事→モハ112-2016 平成21.5改造
2011年9月18日 広島駅にて

クハ111-2004

クハ111-2001~2076

113系2000番代の偶数向制御車で、便所付。CPが設置されている。台車はTR62、定員112(座席62)名。
国鉄時代の1983・84(昭和58・59)年に2009~2012がクハ111-2753〜2756に改造された。また、JR発足後、JR西日本においては高速化改造(7000番代)、さらに電気連結器・自動解結装置取付(7600番代)、JR東海においてはATS-P取付に伴うブレーキ力改造(2600番代)、方転(2333)などの改造が行われている。
写真はほぼ原形の頃のもので、JR東海所属車も当初は白色のJRマークが貼られていた。
クハ111-2004(静シス)拡大画像を見る
昭和53.3新製→平成19.1廃車 
1989年2月21日 沼津駅にて 

クハ111-2056

JR東海においては、Hゴムが黒色化され、床下機器が灰色に塗られたものの、晩年まで比較的原型に近い姿を留めていた。JRマークも後位側に小型のものが貼り付けられていたため、目立たなかった。
クハ111-2007(静シス)拡大画像を見る
昭和53.3新製→平成19.6廃車 
2005年10月9日 草薙駅にて 

クハ111-2042

2・4位側を示す。
クハ111-2042(広ヒロ)拡大画像を見る
昭和55.2新製→クハ111-7042 平成4.2改造→クハ111-7601 平成7.12改造→平成--.--体質改善工事→クハ111-2042 平成21.5改造→平成27.4廃車
2011年9月18日 広島駅にて

クハ111-2118

クハ111-2101~2145

113系2000番代の奇数向制御車で、便所とCPは設置されていない。定員114(座席65)名。
国鉄時代の1983・84(昭和58・59)年に2109~2112がクハ111-2703~2706に改造された。また、JR発足後、JR西日本においては高速化改造(7100番代)、さらに電気連結器・自動解結装置取付(7500番代)、JR東海においてはATS-P取付に伴うブレーキ力改造(2700番代)、方転(2200番代)などの改造が行われている。
クハ111-2118(本ムコ)拡大画像を見る
昭和53.4新製→クハ111-7118 平成4.2改造→クハ111-7512 平成7.9改造→平成--.--体質改善工事→クハ111-7118 平成13.3改造→クハ111-2118 平成24.5改造
1990年7月13日 二条駅にて

クハ111-2142

便所なしのクハ111形2000番代は、JR西日本の高速対応改造により一旦消滅したが、京阪神地区から山陽地区への転属に伴う高速対応解除により復活した。写真のクハ111-2142も2008(平成20)年11月の京都から広島への転属の際にクハ111-7508から原番号に復帰した。
クハ111-2142(広ヒロ)拡大画像を見る
昭和55.1新製→クハ111-7142 平成4.2改造→クハ111-7508 平成6.9改造→平成--.--体質改善工事→クハ111-2142 平成20.11改造→クハ115-2642 平成24.8改造
2011年9月18日 廿日市駅にて

クハ111-2146

クハ111-2146~2165

クハ111形2100番代のうち、1980(昭和55)年から新製されたグループで便所を設置している。定員112(座席62)名。写真の2146は2000番代唯一のリニューアル工事施工車であった。
クハ111-2146(千マリ)拡大画像を見る
昭和55.4新製→平成22.8廃車
2009年9月6日 木更津駅にて

クハ111-2152

2・4位側を示す。写真は湘南色に復元されたマリ117編成のクハ111-2152。灰色Hゴムが残っていた車両でもあり、リバイバル塗色を配する編成に選定された。
クハ111-2152(千マリ)拡大画像を見る
昭和56.10新製→平成23.7廃車
2011年4月3日 木更津駅にて

サハ111-2019

サハ111-2001~2025

113系2000番代の付随車(T)で、便所は設置されていない。定員120(座席72)名。JR西日本においては高速化改造(7000番代)、サハ115形7000番代への改造が行われた。
サハ111-2019(本ホシ)拡大画像を見る
昭和56.7新製→サハ111-7019 平成4.1改造→平成16.10廃車
1990年12月31日 野洲駅にて

サハ111-2025

サハ111形2000番代はJR東日本に承継された13両が原番のまま残り、東海道線で活躍したが、同線の113系置換えに伴って2006(平成18)年までに全車廃車となり、区分消滅した。
れた。
サハ111-2025(横コツ)拡大画像を見る
昭和56.9新製→平成17.8廃車
2005年5月8日 早川駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る