ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハE130系一般形気動車

キハE130系一般形気動車


概説

 JR東日本が水郡線で使用されていたキハ110系に代わる新系列車両として、2006(平成18)年より新製した一般形気動車で、捻出されたキハ110系は主に盛岡地区のキハ58系、キハ52形の置換に転用された。
 両運転台のキハE130形、片運転台で2両編成を組むキハE131・キハE132形の3形式各13両計39両が2006・2007(平成18・19)年に新製され、水郡線営業所に配置された。
 車体は拡幅タイプの軽量ステンレス製で、片側3ヶ所1,300mm幅の半自動対応の両開き扉を持つ。前面と側面にはLED式の行先表示器を設けている。客室内はセミクロスシートで、扉間2ボックスのクロスシート部は1+2列配置となっている。便所はキハE130形とキハE131形に設置しており、車椅子対応の大型のものとなっている。また、ワンマン運転を行うため、各種関連機器が設置されている。
 機関はDMF15HZ(450PS/2,000rpm)を1基搭載、台車はボルスタレス台車のDT74(動台車)、TR259(付随台車)である。また、キハ110系との併結を可能としている。
 2007(平成19)年1月より水郡線水戸-郡山・常陸太田間で運転を開始、同年9月までにキハ110系を置き換えている。
 2012(平成24)年には、久留里線で使用されていたキハ30形キハ37形キハ38形の置換用として、キハE130形100番代10両が新製された。客室内はオール・ロングシートとなり、便所設備、スノープラウは省略された。機関は水郡線用と同じDMF15HZであるが、使用線区に合わせ出力は450PS/2,100rpmに変更されている。
 2017(平成29)年には、八戸線のキハ40系置換用として、寒地向け両運転台および片運転台2両編成の500番代が登場した。

キハE130形0番代

 水郡線用の両運転台車で、カラーリングは久慈川と紅葉をイメージしている。4位側に便所を設置している。

キハE130-4

キハE130-1~13

キハE130-4(水スイ)拡大画像を見る
平成18.12新製
2008年1月5日 水戸駅にて

キハE130-11

キハE130-11(水スイ)拡大画像を見る
平成19.1新製
2007年2月10日 水郡線営業所にて

キハE130形100番代

 久留里線用の両運転台車で、2012(平成24)年に10両新製された。客室内は全席ロングシートとなり、便所設備は持たない。定員122(座席39)名。
 水郡線用の0番代は当初キハ110系との併結運転を実施していたため、電気連結器が二段となっていたが、本グループでは機能省略により一段化されている。

キハE130-104

キハE130-101~110

キハE130-104(千マリ)拡大画像を見る
平成24.12新製
2013年7月20日 幕張車両センター木更津派出にて

キハE130形500番代

写真はありません

キハE130-501~506

八戸線用両運転台タイプで、2017(平成29)年から新製されている。

キハE131形0番代

水郡線用片運転台、便所付で、カラーリングは久慈川と新芽をイメージしている。3位側に便所を設置。

キハE131-9

キハE131-1~13

キハE131-9(水スイ)拡大画像を見る
平成19.7新製
2008年1月5日 水戸駅にて

キハE131形500番代

写真はありません

キハE131-501~506

八戸線用片運転台便所付きタイプで、2017(平成29)年から新製されている。

キハE132形0番代

水郡線用片運転台、便所設備なしのタイプである。

キハE132-9

キハE132-1~13

キハE132-9(水スイ)拡大画像を見る
平成19.7新製
2008年1月5日 水戸駅にて

DT74台車

DT74台車拡大画像を見る

2007年2月10日

TR259台車

TR259台車拡大画像を見る

2007年2月10日

キハE132形500番代

写真はありません

キハE132-501~506

八戸線用片運転台便所なしタイプで、2017(平成29)年から新製されている。

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る