ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 211系近郊形直流電車 > 1000番代

211系近郊形直流電車|1000番代


概説

 211系近郊形直流電車の寒地向けセミクロスシート車で、1985・86(昭和60・61)年に55両が新製された。
 寒地向けロングシート車 3000番代と同様にMcM'TTT'cの5両編成を基本とし、寒地向け仕様として先頭台車への雪カキ器取付、耐雪ブレーキ設置、側扉半自動回路の設置、レールヒータ取付等がなされている。
 客室内は暖地向けセミクロスシート車 0番代と同様となっている。
 基本番代区分については全車両とも国鉄時代の新製であり、JR化後は増備されていない。新製以来新前橋(のち高崎)に配置されている。
 2004(平成16)年10月16日ダイヤ改正において、湘南新宿ラインと東北・高崎線でグリーン車の運用を開始することとなり、新前橋の211系にもグリーン車を組み込むこととなった。当初は東海道線のサロ124・125形34両を211系化して2両ずつ組み合わせて17本の2階建てグリーン車ユニットを組成する計画であったが、東海道線のグリーン車の混雑が予想されることから、東海道線にはサロ124・125形から24両を211系化して組み込み、すべての211系グリーン車が2階建ての組み合わせとなった。東北・高崎線には東海道線の平屋+2階建てから寒地向け改造した12組24両と、サロ124・125形を211系の寒地向けに改造した5組10両が転用された。
 東北・高崎線(上野口)では、E233系の新製が進められ、2014(平成26)年3月改正までにグリーン車組込編成の運用はすべて終了し、東海道線から転用されたグリーン車は2014(平成26)年までに全て廃車となった。
 一方、中央東線で使用されていた115系の置換用として、211系が転用されることになった。サハ211形1000番代については2013(平成25)年までに22両全車廃車となったが、残りを3両編成11本として、33両が長野に転属して、豊田車両センターの115系を置換えることになり、2014(平成26)年に転用改造が施工されている。 

クモハ211-1011

クモハ211-1001~1011

1000番代の奇数向制御電動車(Mc)で、パンタグラフ(PS21)を1基装備し、制御装置、励磁装置、主抵抗器などを床下に搭載する。冷房装置はAU75G、台車はDT50B。定員118(座席62)名。
クモハ211-1011(高シマ)拡大画像を見る
昭和61.6新製
2005年9月4日 井野駅にて

クモハ211-1003

2009(平成21)年にパンタグラフがシングルアーム式のPS33Eに換装された。
クモハ211-1003(高タカ)拡大画像を見る
昭和61.1新製→平成21.8パンタグラフ換装
2012年9月2日 高崎車両センター籠原派出所にて

クモハ211-1010

長野地区転用車

クモハ211形1000番代については、2014(平成26)年に全車長野地区への転用改造が行われた。帯色は115系長野色に準じたものとなり、スカートは強化型に変更されている。
クモハ211-1008(長ナノ)拡大画像を見る
昭和61.4新製→平成26.9 長野転用改造
2017年7月30日 甲府駅にて

モハ210-1001

モハ210-1001~1011

クモハ211-1001~とユニットを組む中間電動車で190kVA MG・CPを搭載している。定員132(座席68)名。
モハ210-1001(高タカ)拡大画像を見る
昭和60.12新製
2007年2月17日 高崎車両センター籠原派出所にて

モハ210-1006

1・3位側を示す。
モハ210-1006(高タカ)拡大画像を見る
昭和61.3新製
2011年7月30日 高崎駅にて

モハ210-1010

長野地区転用車

モハ210形1000番代については、2014(平成26)年に全車長野地区への転用改造が行われた。
モハ210-1010(長ナノ)拡大画像を見る
昭和61.6新製→平成26.5 長野転用改造
2015年11月23日 甲府駅にて

クハ210-1003

クハ210-1001~1011

1000番代の偶数向制御車。3位側に便所を設置している。台車はTR235B。定員108(座席59)名。便所の前の座席のみは2人掛けのクロスシートとなっている。
クハ210-1003(高タカ)拡大画像を見る
昭和61.1新製
2012年9月2日 高崎車両センター籠原派出所にて

クハ210-1006

2・4位側を示す。
クハ210-1006(高タカ)拡大画像を見る
昭和61.3新製
2011年7月30日 高崎駅にて

クハ210-1001

長野地区転用車

クハ210形1000番代については、2014(平成26)年に全車長野地区への転用改造が行われた。帯色は115系長野色に準じたものとなり、スカートは強化型に変更されている。
クハ210-1001(長ナノ)拡大画像を見る
昭和60.12新製→平成26.7 長野転用改造
2015年11月23日 甲府駅にて

サハ211-1002

サハ211-1001~1022

付随車。定員132(座席68)名。
サハ211-1002(高タカ)拡大画像を見る
昭和60.12新製
2007年2月17日 高崎車両センター籠原派出所にて

サロ211-1004

サロ211-1001~1006

サロ211-1~6を2005・06(平成17・18)年に寒地向けに改造したもので、外観上では側扉横の押ボタンスイッチの設置が目立つ。客室内はグリーン車Suicaシステムに対応するため、関連する各機器が取り付けられている。台車はTR235B。2014(平成26)年までに全車廃車となり、サロ211形は形式消滅した。
サロ211-1004(高タカ)拡大画像を見る
サロ211-4 昭和61.2新製→サロ211-1004 平成18.3改造→平成25.1廃車
2007年9月2日 籠原駅にて

サロ210-1004

サロ210-1001~1006

サロ210-1~6を2006(平成18)年に寒地向けに改造したもの。サロ211-1001~1006と同様に外観上では側扉横の押ボタンスイッチの設置が目立つ。台車はTR235B。2014(平成26)年までに全車廃車となり、サロ210形は形式消滅した。
サロ210-1004(高タカ)拡大画像を見る
サロ210-4 昭和61.2新製→サロ210-1004 平成18.2改造→平成25.11廃車
2010年7月17日 深谷駅にて

サロ210-1005

写真は2・4位側を示す。
サロ210-1005(高タカ)拡大画像を見る
サロ210-5 昭和61.2新製→サロ210-1005 平成18.1改造→平成24.12廃車
2010年2月17日 籠原駅にて

サロ213-1004

サロ213-1001~1006

サロ213-1~6を2006(平成18)年に寒地向けに改造したもの。台車はTR235G。2014(平成26)年までに全車廃車となり、区分消滅するとともに、サロ213形は形式消滅した。
サロ213-1004(高タカ)拡大画像を見る
サロ213-4 平成1.10新製→平成18.3改造→平成26.10廃車
2010年7月17日 深谷駅にて

サロ213-1102

サロ213-1102・1104・1112・1120・1122

サロ124-2・サロ125-4・サロ124-12・20・22を2006(平成18)年に211系の寒地向けグリーン車に改造したもので、台車はTR235Gだが、写真の1102のみ台車がTR69Iである。211系化に伴い引通線、ブレーキシステムの改造などか行われたほか、方転、サロ124形改造車については業務用室が便所に、車掌室が洗面所になった。2014(平成26)年までに全車廃車となり、区分消滅するとともに、サロ213形は形式消滅した。
サロ213-1102(高タカ)拡大画像を見る
サロ124-2 平成1.2新製→サロ213-1102 平成18.8改造→平成24.9廃車
2007年9月2日 高崎車両センター籠原派出所にて

サロ213-1104

サロ213-1104のみは便・洗面所付のサロ125形の改造である。
サロ213-1104(高タカ)拡大画像を見る
サロ125-4 平成2.11新製→サロ213-1104 平成18.7改造→平成26.12廃車
2012年11月11日 深谷駅にて

サロ213-1120

サロ213-1104・1112・1120・1122の各車は台車がボルスタレス式のTR235Gである。
サロ213-1120(高タカ)拡大画像を見る
サロ124-20 平成2.1新製→サロ213-1120 平成18.6改造→平成25.7廃車
2007年2月17日 高崎車両センター籠原派出所にて

サロ213-1112

サロ213-1112のみ元横須賀・総武線の車両であったため、帯が太い。
サロ213-1112(高タカ)拡大画像を見る
サロ124-22 平成2.1新製→サロ213-1122 平成18.6改造→平成25.4廃車
2012年9月8日 井野駅にて

サロ212-1004

サロ212-1001~1006

サロ212-1~6を2005・06(平成17・18)年に寒地向け改造したもの。2014(平成26)年までに全車廃車となり、区分消滅するとともに、サロ212形は形式消滅した。
サロ212-1004(高タカ)拡大画像を見る
サロ212-4 平成1.10新製→平成18.2改造→平成25.4廃車
2008年9月15日 籠原駅にて

サロ212-1104

サロ212-1104・1111・1113・1119・1121

サロ124-4・11・13・19・21を2006(平成18)年に211系の寒地向けグリーン車に改造したもので、写真の1104のみ台車がTR69Iである。2014(平成26)年までに全車廃車となり、区分消滅するとともに、サロ212形は形式消滅した。
サロ212-1104(高タカ)拡大画像を見る
サロ124-4 平成1.3新製→サロ212-1104 平成18.8改造→平成24.9廃車
2007年9月2日 高崎車両センター籠原派出所にて

サロ212-1121

サロ212-1111・1113・1119・1121の台車はTR235Gである。
サロ212-1121(高タカ)拡大画像を見る
サロ124-21 平成2.1新製→サロ212-1121 平成18.6改造→平成25.4廃車
2012年9月8日 井野駅にて

サロ212-1113

サロ212-1111・1113は元横須賀・総武線用であり、側面帯が太い。
サロ212-1113(高タカ)拡大画像を見る
サロ124-13 平成2.12新製→サロ212-1113 平成18.6改造→平成25.7廃車
2007年2月17日 高崎車両センター籠原派出所にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る