ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 私鉄形式写真 > 小湊鐵道キハ40形

小湊鐵道キハ40形


概説

 元JR東日本キハ40形(2000番代)。
 キハ200形のうち老朽化した車両を置き換えるため、2020(令和2)年3月ダイヤ改正で只見線での運行を終了していたキハ40 2021・2026の2両を購入し、同年5月に搬入された。
 小湊での形式番号はキハ40 1・2となり、ATS車上子の移設、ヘッドマークステーの新設、表記類の変更などが行われた。2はJR東日本の「東北地域本社色」を維持して2021(令和3)年4月23日の貸切列車で営業運転を開始した。1はキハ200形と同様のクリーム色+朱色の「小湊色」で前面の塗り分けを2に合わせたものに変更されたが、営業運転は2021(令和2)年7月からの予定とされている。
 機関はJR東日本時代にDMF14HZ(カミンズ製・300PS/2000rpm)に換装、同時に冷房改造され屋根上にAU26J-Aを2基搭載する。なお、客室内は1が原形由来のセミクロスシート、2はクロスシート部が1+2配置となっている。

小湊鐵道キハ40 1

キハ40 1

前面貫通扉にヘッドマークステーが新設された。また、NTTドコモの衛星携帯電話ワイドスターのアンテナは撤去されているが、アンテナツララ除けはダミーとして残されている。JR時代のワンマン改造時に設けられた出入口表示器には「小湊鉄道」と表示され、国鉄風に「小コイ」と所属表記もなされている。
キハ40 1は、JR時代に側面中央部窓下に行先表示器が取り付けられている。定員125名。
キハ40 1 拡大画像を見る
キハ40 2021 1979.6新製→1991.11ワンマン化→2001.6機関換装・冷房改造→2020.5廃車→小湊鐵道譲渡
2021年5月5日 五井駅にて

小湊鐵道キハ40 2

キハ40 2

キハ40 2はJR東日本の「東北地域本社色」を維持しており、2021(令和3)年6月現在では側面の表記も「仙コリ」のまま、定員96名である。
キハ40 2 拡大画像を見る
キハ40 2026 1979.6新製→1991.12ワンマン化→2000年度機関換装・冷房改造→2020.5廃車→小湊鐵道譲渡
2021年6月20日 五井駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る