ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 私鉄形式写真 > 小湊鐵道キハ200形

小湊鐵道キハ200形


概説

 在来車の置き換えのため、1961(昭和36)年から1977(昭和52)年にかけてキハ201〜214の14両が日本車輌製造で製造された。
 国鉄キハ20形を基本とした液体式ディーゼル動車で、機関はDMH17C、液体変速機はTC-2、台車はDT22・TR51系となっているが、客室内はオールロングシート、便所は設置されていない。定員160(座席64)名。
 車体は前面が張り上げ屋根タイプで、シールドビームの前照灯が左右の窓上に取付けられており、親会社の京成電鉄のモハ3200形に似た形態である。
 1961・63・64(昭和36・38・39)年に各年2両ずつ製造されたキハ201〜206は側出入口扉がプレスドアとなっている。1970(昭和45)年に増備されたキハ207〜210から側出入口扉は非プレスドアとなり、1975(昭和50)年に増備されたキハ211・212からは側窓がユニットサッシに変更され、1977(昭和52)年に最終増備車のキハ213・214が製造された。
 1990〜92(平成2〜4)年にキハ209・210を除く12両が冷房化された。 

小湊鐵道キハ203

キハ201〜206

初期タイプで、側出入口扉がプレスドアとなっている。
キハ203 拡大画像を見る
1963.4新製→1992.4冷房改造
2010年4月4日 五井機関区にて

小湊鐵道キハ204

キハ204のみ他車と通風器が異なるものに変更されている。
キハ204 拡大画像を見る
1963.4新製→1992.4冷房改造
2010年9月20日 五井駅にて

小湊鐵道キハ208

キハ207〜210

非プレスドア、側窓が非ユニットサッシの中期タイプを示す。
キハ208 拡大画像を見る
1970.12新製→1993.6冷房改造
2010年9月20日 五井駅にて

小湊鐵道キハ209

キハ209・210のみ冷房改造が行われなかった。写真のキハ209は保留車となっている。
キハ209 拡大画像を見る
1970.12新製
2006年4月29日 五井機関区にて

小湊鐵道キハ213

キハ201〜214

側窓がユニットサッシに変更された後期タイプ。
キハ213 拡大画像を見る
1977.10新製→1990.6冷房改造
2003年9月7日 五井機関区にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る