ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 >811系近郊形交流電車 > 1500番代

811系近郊形交流電車|100番代


概説

▼ クリックで展開します
写真はありません

クモハ810形1500番代

制御方式が日立製SiC素子ハイブリッドモジュールを採用したVVVF制御に変更され、主変換装置はPC408KAとなった。主電動機はMT405K(150kW)となり、パンタグラフはシングルアーム式のPS401Kに換装された。主変圧器はTM411K、冷房装置はAU412K(42,000kcal/h)となった。ロングシート化により、定員は144(座席48)名に変更された。

写真はありません

クモハ810-7609

クモハ810-109を種車とするリニューアル車で、2018(平成30)年10月に小倉工場で改造された。営業列車検測装置を取付けたため、元番109+1500+6000の7600番代となった。
クモハ810-109 1992.7新製→クモハ810-7609 2018.12改造

モハ811-1511

モハ811形1500・1600番代

モハ811形0・100番代のリニューアル車。主変換装置はPC408KB。定員156(座席56)名。
写真は4・2位側を示す。
モハ811-1511(本ミフ)拡大画像を見る
モハ811-11 1990.4新製→モハ811-1511 2017.11改造
2019年3月3日 鳥栖駅にて

モハ811-1504

写真は1・3位側を示す。
モハ811-1504(本ミフ)拡大画像を見る
モハ811-4 1989.9新製→モハ811-1504 2017.3改造
2019年3月3日 香椎駅にて

クハ810-1511

クハ810形1500番代

クハ810形0番代のリニューアル車。車椅子スペースが新たに設置されている。定員141(座席40)名。
クハ810-1511(本ミフ)拡大画像を見る
クハ810-11 1990.4新製→クハ810-1511 2017.11改造
2019年3月3日 鳥栖駅にて

写真はありません

クハ810-7609

クハ810-109を種車とするリニューアル車で、2018(平成30)年10月に小倉工場で改造された。営業列車検測装置を取付けたため、元番109+1500+6000の7600番代となった。
クハ810-109 1992.7新製→クハ810-7609 2018.12改造

サハ811-1511

サハ811形1500・1600番代

サハ811形0・100番代のリニューアル車。定員156(座席56)名。写真は4・2位側を示す。
サハ811-1511(本ミフ)拡大画像を見る
サハ811-11 1990.4新製→サハ811-1511 2017.11改造
2019年3月3日 鳥栖駅にて

サハ811-1504

写真は1・3位側を示す。
サハ811-1504(本ミフ)拡大画像を見る
サハ811-4 1989.9新製→サハ811-1504 2017.3改造
2019年3月3日 香椎駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る