ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 313系一般形直流電車 > 3000番代

313系一般形直流電車|3000番代


概説

 中央本線・篠ノ井線・御殿場線・身延線用として、1999(平成11)年に2両編成28本計56両が新製されたもので、セミクロスシート車である。
 313系すべてに共通する軽量ステンレス製車体で、主電動機はC-MT66A(185kW)、VVVFインパータはC-SC37。

クモハ313-3001

クモハ313-3001~3028

熱海・松本方の制御電動車で、台車はC-DT63A。写真はパンタグラフ増設前のもので、シングルアーム式のC-PS27Aを後位側に1基搭載している。冷房装置は屋根上にC-AU714Aを2基搭載する。定員148(座席56)名。
クモハ313-3001(静シス)拡大画像を見る
平成11.3新製→平成18.12パンタグラフ増設
2004年1月12日 沼津駅にて

クモハ313-3011

2005~2007(平成17~19)年に全車前位寄りにもパンタグラフを増設している。
クモハ313-3011(静シス)拡大画像を見る
平成11.3新製→平成18.7パンタグラフ増設
2011年7月30日 沼津駅にて

クハ312-3006

クハ312-3001~3028

甲府・静岡・名古屋方の制御車で、台車はC-TR251。3位側に便所を設置している。定員143(座席51)名。
クハ312-3006(静シス)拡大画像を見る
平成11.3新製
2009年2月13日 沼津駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る