ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 313系一般形直流電車

313系一般形直流電車


メニュー

概説

  JR東海では、国鉄時代から使用されてきた165系、 103系 113系などを置き換えるため、 211系、311系などを投入してきたが、それに続き1999(平成11)年から新製された一般形直流電車が本系列である。
 輸送需要の異なる投入線区に合わせるため、編成は2・3・4・6両と細分化し、仕様についても異なっている。
 まず、1999(平成11)年に東海道本線用として4両編成・オール転換クロスシート車の0・300番代、主に中央本線用として転換クロスシート・車端部ロングシート車1000番代と、主に中央本線・関西本線用として内装は1000番代に準じて3両編成とした1500番代、中央本線・篠ノ井線・御殿場線・身延線用として2両編成でセミクロスシート車の 3000番代が新製された。
 車体は311系など、JR東海の在来線車両と同様に軽量ステンレス構体となり、出入口は片側3か所、先頭部は特急形の373系に準じて鋼製の貫通形タイプとし、前面窓は曲面ガラスを用いている。
 客室内は、転換クロスシート車においては新開発のシート枕部の角度が着席時の姿勢により変わる腰掛となった。側窓は複層ガラスで、車端部を除き固定式となった。制御車の車端部には車椅子スペースと、車椅子対応の洋式便所が設置されている。
 制御装置はIGB素子を使用した3レベルPWM制御のVVVFインバータ制御で、制御電動車に搭載されるものはSIVと一体化してSIVの故障時には VVVFインバータによるバックアップを可能としている。主電動機はC-MT66A、ブレーキ方式は回生ブレーキ(3000番代は回生・発電ブレーキ)併用電気指令式空気ブレーキ、台車は軽量ボルスタレス台車(C-DT63A・C-TR251)、パンタグラフはC-PS27Aとなっている。
 1999(平成11)年には、中央本線名古屋-中津川間における乗車整理券方式の定員制列車「セントラルライナー」用として8000番代が新製された。8000番代は3両編成で、転換クロスシートのピッチを拡大、車端部にはセミコンパートメントタイプのボックス席を設け、カラーリングについても在来車と異なりシルバーメタリックを基調にオレンジのグラデーションストライプが配された。
 しばらく増備がなかったが、残存する国鉄型車両のうち 113系 115系 123系を全て淘汰するため、2006・07(平成18・19)年に3次車が増備された。3次車においても各種の番代区分が生まれ、6両編成転換クロスシート車の5000番代(東海道本線)、4両編成転換クロス・車端部ロングシート車1100番代(主に中央本線)、3両編成転換クロス・車端部ロングの1600番代(中央本線・関西本線など)、1600番代を基本としてブレーキチョッパ制御の採用など急勾配・寒冷地仕様を施した1700番代(飯田線)のほか、初のオールロングシート車で3両編成の2500番代(東海道本線・身延線・御殿場線)、2500番代の急勾配・寒冷地仕様車2600番代(東海道本線・御殿場線)、2両編成の2300・2350番代(東海道本線・身延線・御殿場線)が新製された。そのほか、3000番代を基本として急勾配・寒冷地仕様とした3100番代(東海道本線・身延線・御殿場線)も新製され、今まで以上にバラエティーに富んだ系列となった。3次車はすべての便所が大形化車椅子対応となり、便所対面部分を車椅子スペースとして座席を廃止、安全対策設備として運転情報記録装置付モニタ装置、緊急列車停止装置(EB装置)などを追加、行先・種別表示器は幕式からフルカラーLED式に変更されている。
 現在は大垣・神領・静岡の各車両区に総数391両が配置されているが、2011(平成23)年以降も、残る国鉄型車両の淘汰を目的としてさらに増備が続けられている。

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る