ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 253系特急形直流電車 > 200番代

253系特急形直流電車|200番代


概説

 2002(平成14)年のサッカー・ワールドカップ開催に合わせて6両編成2本の計12両が新製された。武蔵野線に投入される205系のVVVF化改造によって発生した主制御器・主電動機が転用され、普通車の座席はリクライニングシートとなり、台車もDT69・TR254に変更されて 200番代 に区分された。
 2010(平成22)年に 485系および 189系で運用されている東武鉄道直通特急用として、VVVFインバータ制御改造の上、1000番代となったため、区分消滅した。

クモハ252-201・202

200番代の制御電動車(M'c)で、SIVとCPを搭載。定員48名。

モハ253-202

モハ253-201・202

パンタグラフを持つ中間電動車で、便所付き。
モハ253-202(横クラ)拡大画像を見る
平成14.4新製→モハ253-1002 平成22.12改造
2009年7月5日 品川駅にて

モハ253-301

モハ253-301・302

パンタグラフを持つ中間電動車。椅子スペースを一般座席、洋式便所を和式としたもの。
モハ253-301(横クラ)
平成14.4新製→モハ253-1101 平成23.3改造
2005年6月11日 佐倉駅にて

モハ252-201

モハ252-201・202

パンタグラフを持たない中間電動車。
モハ252-201(横クラ)
平成14.4新製→モハ252-1001 平成23.3改造
2005年6月11日 佐倉駅にて

クロ253-201

クロ253-201・202

200番代のグリーン車。
クロ253-201(横クラ)拡大画像を見る
平成14.4新製→クハ253-1001 平成23.3改造
2006年6月4日 新宿駅にて

サハ253-201

サハ253-201・202

200番代の付随車。
サハ253-201(横クラ)拡大画像を見る
平成14.4新製→サハ253-1001 平成23.3改造
2005年6月11日 佐倉駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る