ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ40系一般形気動車 > キハ48形5800・6800番代

キハ40系一般形気動車|キハ48形5800・6800番代


キハ48形5800番代

 JR東海において、1999~2003(平成11~15)年にキハ48 5502~5507、5510・5517の8両に対してワンマン化改造を行ったグループで、番号は+300としてキハ48 5802~5807、5810、5817となった。
 2015・2016(平成27・28)年に全車廃車となって区分消滅した。

キハ48 5803

キハ48 5802~5807・5810・5817

キハ48 5803(海ミオ)拡大画像を見る
キハ48 511 昭和54.7新製→キハ48 5503 平成8.12改造→キハ48 5803 平成14.1改造→平成27.7廃車
2014年8月24日 美濃太田駅にて

キハ48 5806

1・3位側を示す。
キハ48 5806(海ミオ)拡大画像を見る
キハ48 514 昭和54.7新製→キハ48 5506 平成11.3改造→キハ48 5806 平成14.12改造→平成27.7廃車
2014年1月4日 美濃太田駅にて

キハ48 5817

キハ48 5807・5810・5817の3両は、従来車体外側に取付けられていた雨樋縦管が車体埋め込みに変更された515以降を種車としているグループである。
キハ48 5817(海イセ)拡大画像を見る
キハ48 542 昭和55.6新製→キハ48 5517 平成7.11改造→キハ48 5817 平成12.3改造→平成28.3廃車
2015年12月23日 津駅にて

キハ48形6800番代

 キハ48形5800番代と同様に、1999~2003(平成11~15)年にキハ48 6503~6516の14両に対してワンマン化改造を行ったグループで、番号は+300としてキハ48 6803~6816となった。なお、キハ48 6506・6507・6511~6513については、キハ48 1523・1524・1528~1530時代に武豊線用としてワンマン化されていたが、機関換装はなされておらず、改番されていなかった。
 2015・2016(平成27・28)年に全車廃車となって区分消滅した。

キハ48 6804

キハ48 6803~6816

キハ48 6804(海イセ)拡大画像を見る
キハ48 1518 昭和54.7新製→キハ48 6504 平成7.7改造→キハ48 6804 平成12.2改造→平成28.3廃車
2015年3月29日 一身田駅にて

キハ48 6804

キハ48 6804(海イセ)拡大画像を見る
1・3位側を示す。
2015年3月29日 一身田駅にて

キハ48 6816

6806~6816は従来車体外側に取付けられていた雨樋縦管が車体埋め込みに変更された515以降を種車としているグループである。
キハ48 6816(海イセ)拡大画像を見る
キハ48 1537 昭和55.6新製→キハ48 6516 平成8.3改造→キハ48 6816 平成13.12改造→平成27.12廃車
2014年8月16日 一身田駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る