ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ40系一般形気動車

キハ40系一般形気動車


メニュー

下記のメニューより、ご覧になりたいカテゴリをお選びください。

基幹形式

改造車(国鉄→JR東日本)

JR北海道

  • (キハ400形・キハ480形)
  • キハ400形500番代
  • キハ40形700番代
  • キハ40形300番代
  • キハ40形400番代
  • キハ40形350番代
  • キハ40形330番代
  • キハ48形1330番代
  • キハ40形1700番代

JR東日本

JR東海

JR西日本

  • キハ40形3000番代
  • キハ47形2000・3000番代
  • キハ47形2500・3500番代
  • キハ41形
  • 瀬戸内マリンビュー
  • みすゞ潮彩

JR四国

  • 伊予灘ものがたり

JR九州


概説

 老朽化したキハ10系の置換用として、1977~82(昭和52~57)に、全国の非電化路線向けに888両が新製された。
 片開き扉両運転台のキハ40形、両開き扉片運転台のキハ47形、片開き扉片運転台のキハ48形の3形式に大別され、酷寒地(北海道)向けとしてキハ40 形100番代、キハ48形300・1300番代、寒地向けとしてキハ40形500番代、キハ47形500・1500番代、キハ48形500・1500番代、準寒地向けキハ48形0・1000番代、暖地向けキハ40形2000番代、キハ47形0・1500番代の各形式区分が新製された。片運転台車は便所の有無で番代区分がなされている。
 車体は急行形並みに車体長20.8m、幅2.9mとなっており、裾を絞り、前面は先に新製されたキハ66系に準じた高運転台でパノラミックウィンドウとなっている。客室内は側扉付近をロングシートとし、中央部に急行形と同様にシートピッチ1,470mmのクロスシートを設置している。側窓は酷寒地向けが一段上昇式の二重窓で、その他は二段式のユニット窓を採用している。新製時には冷房装置は搭載されなかった。塗装は全車朱色5号で落成している。
 機関はDMF15HSA(220PS/1600rpm)を1基搭載、液体変速機はDW10となっている。台車は酷寒地・寒地向けは新開発の空気ばね台車 DT44・TR227、(増備車はDT44A・TR227A)を履いているが、暖地向けはコイルばね式のDT22D・TR51Cとなっている。
 国鉄時代の番号の変更を伴う改造は、烏山線用にキハ40形2000番代をロングシート化したキハ40形1000番代のみであったが、国鉄分割・民営化後は、JR各社において機関換装、ジョイフルトレイン化など様々な改造が行われている。

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る