ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ40系一般形気動車 > キハ48形3800番代

キハ40系一般形気動車|キハ48形3800番代


概説

 JR東海において寒地向、便所付のキハ48形500番代5両(526・529・531・532・541)の機関を1992(平成4)年にC-DMF14HZ(350PS/2,000rpm)に換装したキハ48 3526・3529・3531・3532・3541について、1999(平成11)年に再改番したもので、ワンマン運転設備を持つことからキハ48 3809・3812・3814~3816となった。番号の下二桁については、国鉄からJR東海に承継されたキハ48形500番代の番号順に付番されている。全車美濃太田に配置されていたが、晩年は一部が伊勢に転属、2016(平成28)年までに全車廃車となり、JR東海からキハ40系が消滅した。

キハ48 3809

キハ48 3809・3812・3814~3816

キハ48 3809(海ミオ)拡大画像を見る
キハ48 526 昭和54.12新製→キハ48 3526 平成4.7改造→キハ48 3809 平成11.12改造→平成28.3廃車
2014年8月24日 美濃太田駅にて

キハ48 3812

3812は写真のように、国鉄一般形気動車風の塗色となっている。
キハ48 3812(海ミオ)拡大画像を見る
キハ48 529 昭和54.12新製→キハ48 3529 平成4.3改造→キハ48 3812 平成11.12改造→平成28.3廃車
2014年8月24日 美濃太田駅にて

キハ48 3812

キハ48 3812の1・3位側を示す。
キハ48 3812(海ミオ)拡大画像を見る
2014年8月24日 美濃太田駅にて

キハ48 3812車内

キハ48 3812の先頭部車内。ワンマン化に伴い、運賃箱、運賃表示器等が設置されている。拡大画像を見る
2014年8月24日 

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る