ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ40系一般形気動車 > キハ40形6300番代

キハ40系一般形気動車|キハ40形6300番代


概説

 JR東海において、1995~98(平成7~10)年にキハ40形2000番代(2057・2111~2113・2130・2131)の機関をC-DMF14HZBに換装したキハ40形6000番代(キハ40 6004・6007~6009・6011・6012)をワンマン化のため再改番されたグループで。1999・2000(平成11・12)年に6両全車施工されてキハ40 6304・6307~6309・6311・6312となった。
 6309は2011(平成23)年に旧国鉄一般形気動車標準色に準じた塗装に変更された。
 2016(平成28)年3月までに全車廃車となり、JR東海におけるキハ40系列は全廃となった。

キハ40 6312

キハ40  6304・6307~6309・6311・6312

キハ40 6312(海ミオ)拡大画像を見る
キハ40 2131 昭和56.5新製→キハ40 6012 平成7.10改造→キハ40 6312 平成11.12改造→平成27.7廃車
2014年1月4日 美濃太田駅にて

キハ40 6312

1・3位側を示す。
キハ40 6312(海ミオ)拡大画像を見る
2014年1月4日 美濃太田駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る