「くろしお」用289系の付随車サハ289形2500番代

サハ289-2505サハ289-2505 (近ヒネ) 2016年3月5日 京都駅

この週末は京都に行ってきました。

もちろん形式写真撮影が主目的ですが、昨年は家族旅行もしていなかったので、初日に観光要素を取り入れて家族と過ごし、日曜にフルに趣味活動をするというものでした。しかし、日曜に撮れない可能性があるものだけは土曜日のうちに撮るようスケジュールを調整。そんな訳で土曜日に撮影したカットがこちらです。

「しらさぎ」に使われていた683系2000番代が直流化の上福知山と日根野の381系を置き換えましたが、「くろしお」用289系は中線開きで撮影できる場所が限られており、今の所京都駅0番線ぐらいしか思いつきません。しかし、ネット検索してみると来たる3月26日のダイヤ改正で京都乗入れは287系のみとなり、日根野の289系は京都駅に姿を見せなくなるらしいのです。そうと分かった以上撮りたいと思い、その中でも日根野にしか居ない形式区分サハ289形2500番代をメインターゲットとすることにしました。サハ289形2500番代はサハ683形2500番代を種車としており、「くろしお」系統の基本編成2・5号車に連結されています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)