えちごトキめき鉄道のリゾート列車「雪月花」

えちごトキめき鉄道ET122-1002+1001えちごトキめき鉄道ET122-1002+1001 2018年8月24日 直江津運転センター

8月24日は鉄道友の会主催のえちごトキめき鉄道「雪月花」(えちごトキめきリゾート雪月花)撮影会に参加してきました。今回はその時に撮影させていただいたカットから一部をご紹介します。

えちごトキめき鉄道は、2015(平成27)年3月14日の北陸新幹線開業に伴って、新潟県上越地域の並行在来線の運行をJRから引き継ぎました。「雪月花」は、同鉄道の開業時から目玉の一つとして企画されたリゾート列車で、2016(平成28)年4月23日から運行が開始されました。日本海や妙高高原の山々の車窓を楽しみながら、お食事もできるという列車で、内装には新潟の素材をふんだんに使い、大きな窓は海外のリゾート列車を思わせるものとなっています。昨今は第三セクター鉄道においても、数々の観光列車が運行されていますが、その中でもとりわけ群を抜いた車両・列車であるといえます。

続きを読む