「只見ユネスコエコパーク」ラッピングのキハ40 2085

キハ40 2085

キハ40 2085(仙コリ)2019年12月22日 会津若松駅

天気予報を見ると、年内は30日が曇りそうですが、今のところ遠征の可能性は低いので、これが2019年最後の更新となると思います。今年も拙WEBをご覧いただきましてありがとうございました。

今回貼りましたのは「只見ユネスコエコパーク」ラッピングのキハ40 2085です。
この写真は12月22日に会津若松駅で撮影しました。所定ダイヤであれば撮影できないタイミングでしたので、ラッキーだったといえるでしょう。
JR東日本仙台支社より、只見線会津川口-只見間の復旧工事が2021年度中に完了することと、それに先駆けて2020年春より同線には新潟地区で運用されているキハE120形8両が転用されることが発表されており、すでに東北地域色のキハE120形が出場していて試運転を行っています。
現在、郡山総合車両センターには只見線で運用されるキハ40形が13両配置されており、プレスリリースでは「ダイヤ改正に合わせて、会津若松~会津川口間をキハE120形で運転します。」とだけ書かれていて、現行のキハ40形には言及されていませんが、おそらく廃車になるものと思われます。
この「只見線ラッピング列車」のプレスリリース時にも運行期間は「2020年3月末頃まで」と既に記載されていたのも興味深いところです。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました