瑠璃色で活躍する新ニイU-106編成のクロE652-1006

クロE652-1006

クロE652-1006 2019年12月8日 酒田駅

今年はこれまで大人の休日倶楽部パスを使った遠征に出ていませんでした。今年の第2回も見送りかなとも思っていたのですが、撮影仲間に触発されて1日だけでも元が撮れる場所に遠征しようと思い立ちました。そういう訳で12月7日(土)に仙貨のDE10形を撮ってきたのですが、お目当てのカマは撮影できず、撮影両数も3両と、チョット勿体ないなという感じです。
そこで、少々無理をして翌日12月8日(日)にも遠征することにし、少し遅めに大宮9:35発のとき311号で新潟に向けて出発。この時点では、新津で引退が1週間後に迫った「きらきらうえつ」を撮るか、酒田に行くか、目的地は決めかねていました。「きらきらうえつ」はこれまで先頭車をよい条件で撮れていなかったのですが、新津の数分停車の間にうまく曇るかどうかの不安もあり、新潟に着くと酒田で撮影可能な「いなほ3号」に瑠璃色のE653系U-106編成が入っているのが確認できたため、コストパフォーマンス重視で酒田に行くことに決定。酒田で撮影仲間と落ち合い、瑠璃色のE653系を無事に撮影。瑠璃色のE653系についてはトレインブックスの伊藤さんがクハE653-1006の形式写真をアップされていますので、ここではクロE652-1006の方を貼ります。
新潟車両センターのE653系のうち、このU-106編成とハマナス色のU-107編成には10月1日から12月中旬までの予定で「いなほ」50周年記念のヘッドマークが掲出されています。形式写真を撮るにあたって、外付けのヘッドマークはマイナスポイントですが、E653系のようにケース内に収められているものであれば特に問題はありません。私は青色が好きなので、瑠璃色のE653系に期間限定のヘッドマークを掲出した姿を記録できて満足しています。


「いなほ」50周年記念ヘッドマーク

「いなほ」50周年記念ヘッドマーク

クロE652-1006の「いなほ」50周年記念ヘッドマークは、国鉄色と上沼垂色の485系をイメージしたものとなっています。

快速「国鉄色羽越」

快速「国鉄色羽越」2019年12月8日 酒田駅

なお、この日は新ニツのキハ47・48形(キハ47 515+キハ47 514+キハ48 523+キハ47 1514)を使用した快速「国鉄色羽越」の運転日でもあり、酒田駅は鉄道ファンでいつもより賑わっていました。「国鉄色羽越」編成はホームから遠い位置に留置されたため、形式写真は撮りませんでしたが、記録程度の編成写真をこちら貼ることにします。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました