キハ40 1009

キハ40 1009キハ40 1009(宮ミヤ) 2009年10月17日 宝積寺駅にて

先日キハ40 1003の写真をアップしましたが、「トレインブックス」の伊藤さんが、同グループには様々な形態の小変化があることをブログで紹介されていましたので、私も改めて手持ちの写真を見てみると、この1009もチョットだけ違うところがあって、4位側の「乗降口」の表示窓が、車体中央寄り(他は旧便所部分)となっており、車外スピーカの位置も他車と違っています。それがこの車両だけなのかどうかはわかりませんが、1009は1000番代の最後の1両として1995(平成7)年に改造されたものですので、これだけが違っているという可能性が高いような気がします。

コメント

  1. こんにちは。
    烏山線のキハ40形1000番代も改造されてから25年も経つので細かいレベルですがバリエーションが増えていますが、東京から近いのと、8両という手頃な両数なので、調べるにはちょうどいいですね。
    栃木に滞在することがあったら、また見に行ってみようと思います。

  2. kazuma より:

    伊藤さん、こんにちは。
    こういう細かい違いがわかると、形式写真を撮るうえでも1両撮っただけではダメで回数をこなさなければなりませんが、趣味誌にも書かれていないことでもあるので、記録の重要性を再認識しますね。

タイトルとURLをコピーしました