2018年撮り納め(霜取りパンタグラフを上げたクモハ105-518)

クモハ105-518クモハ105-518(近ヒネ) 2018年12月29日 和歌山駅

2018年の撮り納めとして、12月29日に和歌山まで遠征してきました。

日根野に所属して和歌山線・桜井線で運用されている105系は、2020年春までに227系1000番代に置き換えられることが発表されています。
1区分1両のクハ104-551については、10月の遠征で撮影しましたので、細かい形態区分はさておき、冬期に霜取り用パンタグラフを上昇させたクモハ105形の姿だけは何とか押さえたいと思っていました。そんな中で、12月28日の「ムーンライトながら」の指定券が取れたため、急遽「夜行+日帰り」で遠征することにしたのです。青春18きっぷを使い、帰りのみ名古屋から新幹線を使うという、できるだけ出費を抑えるプランです。

29日朝、名古屋から滋賀県東部辺りまでは雪。そしてそれを過ぎると晴れ。気象庁の和歌山県の天気予報は前日から当日の5時発表の予報まで一貫して「曇り」というものでしたが、アメダスを見ると晴れており、和泉山脈周辺のみは雲があったものの、現地に着くと晴れ。
しかも、和歌山での撮影は1986(昭和61)年のEF58以来32年ぶりでしたので、状況をよく知らなかったのですが、紀勢本線の和歌山-御坊間の区間列車の折返し時間が長く、105系の撮影もそう簡単ではないのですね。11時44分に445Mでダブルパンタ車が来たのですが、その時にはすでに手前に紀勢本線が停車中。で、折返しの発車時刻を確認すると、紀勢本線も和歌山線も同時刻の11時50分! だんだんと雲が増えてきたものの、不安な思いでしたが、「ワンマン運転の和歌山線の方がおそらく後に出るだろう」との予想通り、写真のように無事に撮影できました。以後もダブルパンタ車を2回撮影できましたが、ここではブラインドが下りているものの、ハラハラしながら待った末に撮影できたということでクモハ105-518を貼っておきます。というわけで、遠征にしては撮影枚数は少なかったたものの、所期の目的を果たせました。

皆様、本年も拙ブログならびにサイトをご覧いただきありがとうございました。来年も本編の充実を図ってまいりますので、よろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする