関西遠征報告2(225系6000番代の制御電動車クモハ224-6016)

クモハ224-6016クモハ224-6016(近ミハ) 2018年10月7日 相野駅

関西遠征2日目は主に福知山線の相野駅で撮影しました。

JR東日本と同様、JR西日本の車両も改番や体質改善工事、前ホロの取付けなど、動きが激しく、私のように遠征回数が限られていると、撮り逃してしまう形式区分や形態もたくさんあり、天候との兼ね合いもあるし、こればかりは仕方のないことです。

今回は台風25号が日本海を進む中での遠征で、台風が東に進んだ後の10月7日はほぼ晴れベースの天候となることを覚悟していました。7日朝の予報では兵庫県が最も曇りそうでしたので、当初の計画通り大阪発の福知山線電車に揺られて相野駅を目指します。形式写真仲間が度々訪問されている相野駅ですが、私は初訪問。後発組となったのが災いして、下り線側にタイガーロープが張られていました。不幸中の幸いだったのは、下り福知山方は多少撮影できるため、上り列車の場合にカーブしていて傾いてしまう車両が何とか撮影できたことです。

昼頃までは安定的な曇りで、昨日午後の上野芝での消化不良を十分カバーできる内容となりました。
ここでは撮影した中からクモハ224-6016を貼ります。225系6000番代は、本線系統用の0番代から福知山線用に転用されたグループで、最高速度120km/hで運用されるため、6000番代に改番、識別のために前面貫通扉と側面乗務員扉にオレンジ色帯が2本追加されています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする