線路設備モニタリング装置を搭載したクハ208-3502

クハ208-3502クハ208-3502(宮ハエ) 2018年7月27日 高麗川駅

今日は職場の設定休日ということもあり、貴重な平日休みとなりましたが、晴れ予報でしたので部屋に籠もっていたところ、意外と雲が広がってきましたので、午後からプチ出撃してきました。

写真は総武・中央緩行線から八高・川越線に転用改造された209系3500番代のクハ208-3502(元クハ208-502)です。山手線のE235系増備により、玉突きでE231系500番代が総武・中央緩行線へ、そして同線の209系500番代とE231系0番代が八高・川越線への転用改造を経て同線に投入されて205系3000番代の淘汰が進み、205系は既に全編成が離脱しています。

209系500番代改造の3500番代は、現在4編成(ハエ51~54編成)が在籍しており、線路設備モニタリング装置はクハ208-3502に軌道材料モニタリング装置、3503に慣性正矢軌道検測装置が搭載されています。

今日はハエ52編成のクハ208-3502が高麗川駅で撮影できそうでしたので、高麗川へ出向いてゲットしてきました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする