南東北遠征報告(左沢線のキハ101-4)

キハ101-4キハ101-4 2016年9月17日 山形駅

9月17日に「週末パス」を使って南東北に遠征して来ました。形式写真を1枚貼りますが、今回は自分の記録を兼ねての出撃報告です。

18日に所用で栃木に行く予定があったため、悪知恵を働かせて前後のどちらかに遠征を組めば「週末パス」でリーズナブルな遠征ができると思い立ちました。
そこで金曜日の夜行バスで土曜日早朝、米沢駅前に降り立ちました。最近形式写真仲間において山形地区に遠征された方が複数名いらっしゃいますが、「トレインブックス」の伊藤さんが撮影された701系5500番代の情報を早速活用させていただこうというものです。

米沢駅では、曇り空のもと719系と、701系のクモハ701形5500番代、そしてE3系新幹線車両を撮影し、山形に移動。村山地方の天気予報は午前中晴れで昼過ぎから曇りというものでしたが、朝から曇っていたようで、写真のようにキハ101形ほ無事に撮り直せました。左沢線用のキハ101形はラストグループの12・13番のみ外観が異なりますが、こちらは再撮影できず、留置の4両はすべて同じタイプでしたので予定を前倒しして仙山線で仙台へ。
ここで仙石東北ラインに乗り換えますが、2両編成の快速が激混み。どうやら石巻でツールド東北というイベントがあったためで、何とか乗り込みましたが、高城町までは関東の通勤電車並でした。

石巻は震災後初訪問。ルート変更した仙石線の車窓から見る旧線跡に歳月を感じつつ、石巻に到着。HB-E212形、クハ204形3100番代などを撮影し、再び仙台に出てこれも初乗車となるE5系で帰途につきました。
午後は雨が降り出して失速したものの、久々となる山形、宮城県での撮影を楽しんでまいりました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました