置換えが発表された719系0番代の制御電動車(クモハ719-41)

クモハ719-41クモハ719-41(仙セン) 2016年3月13日 郡山駅駅

ここ最近の関東地方は、週末の度に晴天傾向で、5月に入ってからの出撃はたったの1回。それも午後中心のプチ出撃でした。この週末も同じような予報で、5月は不調のまま終わりそうです。

そんな中、JR東日本仙台支社から2016年度中にE721系の4両編成として1000番代19編成76両が製造され、719系(0番代)を順次置き換えることが発表されました。投入されるのは東北本線(黒磯-一ノ関間)、常磐線、仙山線とのことです。719系0番代は磐越西線にも運用されており、こちらについてはプレスリリースの文面からは判断できませんが、新車投入が年度内に完結することから、降雪シーズンを迎える時期にE721系(2両編成の0番代)を持ってくることは考えにくく、今回の置換え対象には含まれていないものと思われます。

719系0番代は何度も撮っていますが、新たに登場するE721系1000番代と合わせて、再訪問の際は最後の活躍の姿を記録していきたいと思います。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

  1. H.Sさん より:

    719系を置き換えるなら解体せず、JR九州へ売却をしてほしい。

タイトルとURLをコピーしました