イベント列車に活躍するオハ47形0番代(オハ47 2246)

オハ47 2246オハ47 2246(高タカ) 2016年4月10日 郡山駅

4月10日に郡山駅で撮影した写真からもう1枚、オハ47 2246をアップします。

オハ47形は戦前製客車の台枠利用によりオハネ17形、オシ16形が改造される際に、種車のTR23(一部はTR34)台車とスハ43形のTR47台車を交換して誕生した形式で、1961~69(昭和36~44)年に328両が改造されました。
オハ46 2246は1954(昭和29)年9月に汽車会社でスハ43 445として製造され、1962(昭和37)年11月に電気暖房取付によりスハ43 2445となり、1968(昭和43)年1月に台車をTR23に振り替えてオハ47 2246に改造されました。国鉄末期には水戸に配置され、常磐線で活躍しましたが、JR東日本に承継されて高崎に配置されてイベント列車に使用されています。

今回、郡山駅ではスハフ32形、オハニ36形、オハ47形の3形式が撮影できましたが、オハ47については現有車3両が一度に撮影できたことになります。これまでの手持ちのデジタル画像を確認すると、オハ47 2266のみ撮影済みで、2246と2261はデジタルでは初撮影となりました。

オハ47 2246は、4ヵ所ある側扉のうち1ヵ所だけ窓が2段Hゴム支持となっています。同じ高崎に所属するスハフ42 2173にも同様の窓タイプが存在しますが、窓の大きさに差異があるようです。

オハ47 2246オハ47 2246(水ミト) 1985年9月19日 尾久駅

オハ47 2246の「水ミト」時代の写真を撮っていましたので貼っておきます。1985(昭和60)年9月の撮影で、既に同年3月の改正で常磐線の客車列車が廃止され運用離脱となっていた頃の姿です。これを撮影した時は、まさかその31年後に現役の姿を撮影することになろうとは夢にも思いませんでした。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました