戦災復旧車マニ72 21を種車とする救援車スエ71 72

スエ71 72スエ71 72(秋シン) 1988年11月13日 新庄運転区

今日、2015年8月15日で太平洋戦争の終戦から70年を迎えました。テレビや新聞各紙で特集がなされ、各地で戦没者を追悼する行事が行われています。

私自身はもちろん戦争を体験していませんが、父親は学童疎開、母親は東京大空襲を経験し、戦時中の話を伝え聞いてきました。今こうして平和な時代に生きることができているのは、「戦争を二度と繰り返さない」という、両親をはじめ戦中・戦後を生きてきた人たちのおかげだと感謝しています。

そこで今日は戦災復旧車マニ72形を種車とする救援車スエ71 72の写真を貼っておきます。
マニ72形は1950(昭和25)年に25両が製造されたもので、電車を種車としており切妻形となっています。このスエ71 72は、マニ72 21を種車としていますが、電車の旧番は判然としないようです。(明石区で全焼したクハ58012?)
救援車に改造されて新庄機関区に配置されていましたが、国鉄分割民営化直前の1987(昭和62)年2月に廃車となりました。現車はJRになってからも新庄運転区に留置されていましたが、これを撮影してほどなくして秋田に回送されたようです。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました