青色塗色時代の金サワB04編成のクハ455-701

クハ455-701クハ455-701(金サワ) 2015年3月2日 石動駅

今日はブログの更新を特に予定していませんでしたが、気が変わり、クハ455形700番代(クハ455-701)の写真をアップします。タイトルを見て、「コイツ、何訳わからんこと書いてんだ」と思わないでください。

413系の4番ユニットとサハ455-1改造のクハ455-701で組成された金サワB04編成が、北陸地域色の青色から七尾線用の茜色に塗色変更されたようです。3月14日のダイヤ改正で急行形は全滅すると思われていたのに、413系と組むクハ455形700番代が生き延びただけでも少々の驚きがありましたが、この期に及んで455系に新たなカラーバリエーションが生まれるとは…。

しかし、考えてみると、あいの風とやま鉄道に青色の413系が譲渡されており、金沢駅では別会社なのに同じ塗色の電車が発着することになってしまいますので、乗客からしてみればややこしいことに違いありません。白地に青帯の北陸色の車両も両社に所属していますし、B04編成の塗色変更の事実だけでは、今後JR西日本からこの色が消滅するかどうかはわかりません。いずれにしても今回の塗色変更で、急行形の青色塗色車で稼動中のものはなくなったということです。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました