特急「はくたか」で最後の活躍をする681系(クハ681-207)

クハ681-207クハ681-207(金サワ) 2015年3月2日 魚津駅

今日も先日の北陸遠征で撮影した写真をアップします。
金沢総合車両所681系W15編成で、まもなく廃止となる在来線特急「はくたか」の越後湯沢方制御車クハ681-207です。

金沢に所属していた「サンダーバート」用681系のうち、2002~2004(平成14~16)年に683系との「車内設備統一工事」が施工されたグループの1両で、種車はクハ681-7。後に「はくたか」用に転用されています。「はくたか」に転用されたのは他にW16編成のクハ681-203があり、クハ681形200番代で「WHITE WING」のロゴを持つのはその2両となっています。クハ681形0番代と比べて外観上では側扉が幅広となっているのが目立ちます。

個人的には、先の遠征で最後に撮影したのがこの列車で、この時はモハ681-207との2両を撮りましたが、多分これが私の在来線「はくたか」用車両の形式写真としては最後の撮影ということになります。雨が降っていて、夕刻の撮影のため室内灯も目立ってしまっておりますが、記憶に残る1枚となりそうです。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました