3/13最終「はくたか」に運用予定の北越急行683系(クハ682-8501)

北越急行クハ682-8501北越急行クハ682-8501 2015年3月4日 石動駅

在来線特急「はくたか」の運行もとうとう残り10日を切ってしまいました。

今日は先日の富山遠征で撮影した北越急行のクハ682-8501の写真をアップします。
北越急行683系は、「はくたか」のうちJR東日本の485系3000番代で運行されていた1往復を置換えるため、2005(平成17)年に基本編成6両+付属編成3両の9両が製造されました。既に681系の製造から10年が経過していたこともあり、改良型の683系として製造されましたが、JR西日本の683系は最高速度が130km/hであるのに対し、特急「はくたか」は160km/h運転を行うため、「はくたか」用681系に合わせてディスクキャリパーブレーキ装置が装備されています。また、681系と異なり、付属編成の越後湯沢方の先頭車も貫通形となっています。

クハ682形8500番代は付属編成金沢方の先頭車で、平日朝に泊-金沢間に運転される特急「おはようエクスプレス」に運用されるときにしか拝顔出来ません。狙って行ったわけではなかったのですが、3月2日はこの車両が来て、雨には降られましたが撮影できました。実は以前、高岡駅でこの列車を狙った時は北越急行681系が来ましたので、偶然にも2度の出撃で撮影しにくい2区分が撮れてしまったのでありました。

「はくたか」の車両運用については私はすべて把握できていませんが、北越急行のサイトには編成表が掲載されており、残り数日の間にまだこの「おはようエクスプレス」に充当される機会がありそうですので、可能な方は狙ってみてはいかがでしょうか。

なお、3月13日の最終「はくたか25・26号」(1025M→1026M)には北越急行683系が9両編成で運用予定となっています。そして、その後北越急行の特急形車両はJR西日本に譲渡予定となっています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました