急行形座席客車12系のオハ12形(オハ12 369)

オハ12 369オハ12 369 2014年8月31日 横川駅

BSフジの番組、「鉄道伝説」で初回放送時に見損なった「万博輸送」の再放送を見たばかりですので、12系のオハ12形の写真をアップします。

12系急行形座席客車は、大阪万博に伴う波動輸送用として1969(昭和44)年に登場し、万博終了後も製造が続けられ、1978(昭和53)年までに600両以上が製造されました。
現在はJR東日本とJR西日本に臨時列車用として僅かな両数が残るのみとなっています。

私達昭和生まれの世代にとっては、たくさん走っていた車両なので、遠征の際に乗ることは多々あっても、余程の客車ファンなどでない限りは、1両ずつカメラを向けることなどなかった車両であり、希少となった現在でもファンの多くは牽引機の蒸機や電機ばかりにカメラを向ける、そんな車両であるように思います。

8月末にマヤ50形を撮りに横川に出向いた際は、その直後にDD51牽引の快速「碓氷」がやって来ましたので、12系客車をゆっくりと撮影することが出来ました。その中の1両、オハ12 369の写真をアップします。ラストグループに当たる車両ですので、万博輸送には関わっているものではありませんが…。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする