AU712冷房装置を搭載するクハ115-1502

クハ115-1502クハ115-1502(新ニイ) 2013年11月13日 長岡駅

11月13日の撮影からもう1枚アップします。
クハ115形1500番代ながらAU712冷房装置を搭載するクハ115-1502です。サハ115-1014を1984(昭和59)年に先頭車化改造したものですが、新潟地区に配置されているクハ115形1500番代のうち、この1502と1503の冷房装置は、初期車と編成を組む関係から民営化後まで冷房改造が見送られ、改造は分散式のAU712を搭載することにより行われました。115系1000番代の冷房準備車は、AU75系の冷房装置を搭載するのが前提となっていましたので、アンバランスな外観となっています。

2両いますので、1両のみの存在のクハ115形1000番代のAU712搭載車、クハ115-1051に比べれば希少価値は薄いかもしれません。
クハ115-1503を含むL6編成は現在湘南色に塗色変更されており、一方こちらのクハ115-1502は新潟色で、2両それぞれ塗色が違うということになります。このように、新潟の115系には様々なバリエーションが存在します。車両研究をする立場としては、趣味誌の編成表から車両毎の違いを読み取り、さらには趣味誌には記載のない差異についても着目していく必要があります。趣味を始めた頃は「広く浅く」で撮影することにばかりに注力していましたが、もちろん今はこのような事に拘るようにしています。

なお、L4編成は8月中旬頃から運用に入っていなかったため、動向が気になっていましたが、11月上旬に運用復帰したようです。今回はこうして長岡駅でクハ115-1502を撮影できましたが、S編成と併結されていたためクハ115-613については当日撮影できませんでした。次の機会に期待したいと思います。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました