急行「中山道トレイン」に使用される371系を撮影

クモハ371-101クモハ371-101(静シス) 2013年10月19日 新守山駅

10月19日は急行「中山道トレイン」に使用される371系を撮影してきました。

以前にも書いたかとは思いますが、371系は特急「あさぎり」時代には形式写真が撮影しにくくて、1回の出撃でも途中停車駅の敷地外から1両撮るのがやっとだったりしました。
2012年3月改正で「あさぎり」の区間短縮、相互直通運転廃止により小田急車両の片乗り入れ体制となって、371系は定期運用を離脱しましたが、臨時列車に充当されるようになって、この時のようにこれまで撮影できなかった車両が撮影できたりもしました。
そして今秋、臨時急行「中山道トレイン」に運用されることになり、撮影機会が増えましたが、正直言って一応ひととおりの車両は撮影できているため、営業列車を狙いに撮影に行くのはどうかなと思っていたところ、形式写真仲間から送り込み回送時に新守山駅で良好に撮影できるという情報を頂いたので、心が動いたという訳です。

新守山駅では事前にロケハンもしていただいていた「デジタル形式写真館」の横山さんと合流。小雨交じりの中での撮影でしたが、帰ってから画像を確認すると、目立った雨粒は写っていなくてセーフでした。

近畿日本鉄道モ22125近畿日本鉄道モ22125 2013年10月19日 富吉駅

横山さんとは371系の営業列車を名古屋駅で撮影したところで別れ、久しぶりに近鉄に乗り富吉駅に向かいました。
話題の新型特急「しまかぜ」が撮れるかなと思ったのですが、残念ながら手前に別の特急車がいて撮れません。普段近鉄を撮らないので、そう簡単にはうまくいきませんね…。その後その2本が出庫していくと、22000系が写真のように3両ほど撮影できました。その後2610系L/Cカー2626Fを3両撮影できたのは収穫でした。

クモハ313-1312クモハ313-1312(海シン) 2013年10月19日 永和駅

そして富吉駅から15分ほど歩いて関西本線の永和駅へ。この駅を訪問するのは1985(昭和60)年に疎開留置のマニ36形を撮影に来て以来です。名古屋駅では撮影困難なクモハ313形1300番代を撮影して再び名古屋駅に戻り、少し撮影した後、名鉄名古屋駅からこちらも久しぶりとなる名鉄に乗って豊橋方面を目指します。国府で普通列車に乗り継いで伊奈で下車。留置中の車両狙いでしたが、雨も降っていたので撮影可能な1両だけ撮って豊橋へ。

スハフ43 3スハフ43 3 2013年10月19日 新金谷駅

豊橋では特に撮影可能な留置車両もなく、この先はひたすら帰るのみかなぁ、と思っていたところ雨も小降りになってきたので、浜松で乗り換えた後大井川鐵道に立ち寄ることにしました。
丁度列車が行った後なので、金谷から新金谷まで初めて歩きましたが、早足で約20分で行けますね。
小雨交じりの中、オハニ36 7、スハフ43 2、到着したモハ16003(時刻表には載ってなかった臨時列車?)を撮影し、さあスハフ43 3を撮るぞと思ったら雨が強くなってきました。雨宿りをしているうちに係員により側扉が開放されてしまい、その後雨が弱くなってからホームに入れば逆サイドから撮れたのですが、チョット判断を誤ってしまいました。残念!

オハ35 149オハ35 149 2013年10月19日 新金谷駅

そしてそろそろ露出も厳しくなってきた頃、16:08に到着したSL列車の入換が始まり、2年前に妻面出しで撮影できていますが、小倉工場ノーヘッダー試作車オハ35 149がよい感じに撮影できました。この時は周りに沢山の撮影者がいて、蒸気機関車の撮影に夢中でしたが、私ひとりがこの客車を撮影していました。

「くもり」の予報に対して、午後は愛知、静岡ともずっと小雨が降っていて厳しい条件でしたが、なかなかの成果が得られてよかったと思っています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました