西武鉄道4000系の制御車クハ4000形(奇数車)

西武鉄道クハ4001西武鉄道クハ4001 2013年10月6日 秩父駅

10月6日の出撃で撮影した写真をもう1枚紹介します。
西武鉄道4000系の第1編成の飯能方(池袋基準)制御車クハ4001です。

4000系は1989(平成元)年から製造されたもので、101系の廃車発生品を利用し、2扉セミクロスシートの車体を新造した秩父鉄道直通運転用の車両です。土休日には池袋発着の快速急行(現行ダイヤでは上りは急行)にも使用されることからこのクハ4000形(奇数車)には便所が設置されています。
4両編成12本が在籍していますが、1次車は側扉の半自動スイッチが高い位置に取付けられています。

西武鉄道クハ4023西武鉄道クハ4023 2011年10月2日 秩父駅

こちらは1992(平成4)年に増備された2次車で、側扉の半自動スイッチの取付位置が低くなっています。1次車が8本に対し、2次車は4本と半数ですので、2次車の方が撮影できればラッキーかもしれません。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました