クハE720形0番代の2010年度増備車クハE720-41

クハE720-41クハE720-41(仙セン) 2013年3月24日 黒磯駅

E721系0番代は仙台地区で使用されていた455系などの車両を置き換えるため、2007(平成19)年から新製されました。低床化によるステップの廃止など、特長ある車体をもっており、今後のワンマン運転に備えて、各種機器の対応準備工事がなされています。

2010(平成22)年に新製された5編成(クモハE721-40~44+クハE720-40~44)は、当初よりワンマン運転に対応し、写真からもわかるように車端寄りの2つの側扉の横に出入口表示器が設置され、乗務員室内助士席側にはミラーも設けられています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました