イタリア映画祭(3)「La passione」

「La passione」そして、「La passione(ラ・パッショーネ)」。

映画監督のジャンニ(Silvio Orlando)は5年間も映画を作ることができず、巡ってきた新作へのアイデアを膨らませている矢先に、トスカーナの小さな町に所有するアパートの部屋からの水漏れが、下にある教会の宗教画に被害を及ぼしていることを知らされる…。そして、その町で伝統的に上演されている「キリスト受難」の演劇の監督を任されるが…。

と、書くとまじめな映画っぽいと思われるかもしれませんが、実はこちらは「Figli delle stelle」以上に笑えました。「キリスト受難」の演劇というと、難しい印象を抱くかもしれませんが、そんな心配はいりません。

小柄なSilvio Orlandoは、ホント、味のある役者さんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました