東急4104Fが西武に貸し出され営業開始

東急4104F東横線でメトロ10104Fが、副都心線で東急5155Fが営業運転開始したのに続いて、今日から東急4105Fが東武線で、4104Fが西武線で営業運転を開始しました。
来年3月以降は珍しくも何ともない光景になるとは思いますが、今回は「貸出」という形であり、車内広告も西武仕様となっているとのこと。
渋谷発18:25の列車に入るようで、その列車に練馬から乗れるように仕事を終え、乗ってみました。練馬では情報を聞きつけてコンデジやケータイなどを出して列車の入線を待つ人が多く見られました。私もiPhoneでパチリ。運番は「40M」です。

西武3011Fと東急4104F練馬では「銀河鉄道999」ラッピングの3011Fと隣り合わせになりました。
行先表示側面の行先表示です。
LCD表示車内のLCD表示。
LCD表示広告は西武仕様。「東急車輛(製造)」の鉄道車両事業部門はJR東日本系の「総合車両製作所」に事業譲渡されましたので、この5050系4050番代は、同社製の鉄道車両でも最末期のグループに属します。
保谷駅にて東急沿線に生まれ育ち、大学時代は東横線で通学、今は西武池袋線沿線に住む私にとって、今日の4104F乗車は「記念」すべき出来事でしたので、こうして記事にしてみました。


No tags for this post.

コメント

コメントする