令和最初の遠征報告(3)485系「ジパング」乗車

クハ485-704運転室クハ485-704運転室 2019年5月3日

遠征最終日5月3日の報告です。

前日2日は「はまゆり3号」で釜石に移動を予定していて、指定券まで購入していましたが、強風により運休。花巻から代行タクシーで釜石まで行きましたが、風が収まらなかったため、「SL銀河」のキハ141系撮影は断念して、代行バスで遠野に戻り、午後は何もできずに盛岡まで戻って来ました。

盛岡滞在を3日まで延ばしていたのは、3日の「はまゆり1号」の指定席車にキハ111-3+キハ112-3が入りそうだという情報を友人から得ていたので、天候に関係なく早朝なら撮れるだろうとの考えからです。キハ111形0番代が綺麗に撮れるケースは滅多にないですからね。

実は前日の「はまゆり3号」運休で、この日の「はまゆり1号」にキハ111-3が入るかどうかが心配だったのですが、釜石からの帰途、土沢駅で本来3号に入るはずだった編成が5号に入っていたのを確認したので、これで3日にキハ111-3を撮影できることはほば確定。ひと安心です。そういう意味では、この確認が釜石に往復した中で唯一の収穫でした。

キハ111-3の写真は後日本編にアップすることにして、ここでは遠征最終日の5月3日に盛岡から平泉まで乗車した485系「ジパング」クハ485-704の運転室を客室内から撮った写真を貼ります。485系「ジパング」の中間車モハ484・485-3014は現役の485系で最後のオリジナル車体を持つ車両です。この日、自由席の列に並んで、おそらく人生最後になるであろう485系オリジナル車体の旅を楽しんできました。

続きを読む