関西遠征報告2(225系6000番代の制御電動車クモハ224-6016)

クモハ224-6016クモハ224-6016(近ミハ) 2018年10月7日 相野駅

関西遠征2日目は主に福知山線の相野駅で撮影しました。

JR東日本と同様、JR西日本の車両も改番や体質改善工事、前ホロの取付けなど、動きが激しく、私のように遠征回数が限られていると、撮り逃してしまう形式区分や形態もたくさんあり、天候との兼ね合いもあるし、こればかりは仕方のないことです。

今回は台風25号が日本海を進む中での遠征で、台風が東に進んだ後の10月7日はほぼ晴れベースの天候となることを覚悟していました。7日朝の予報では兵庫県が最も曇りそうでしたので、当初の計画通り大阪発の福知山線電車に揺られて相野駅を目指します。形式写真仲間が度々訪問されている相野駅ですが、私は初訪問。後発組となったのが災いして、下り線側にタイガーロープが張られていました。不幸中の幸いだったのは、下り福知山方は多少撮影できるため、上り列車の場合にカーブしていて傾いてしまう車両が何とか撮影できたことです。

昼頃までは安定的な曇りで、昨日午後の上野芝での消化不良を十分カバーできる内容となりました。
ここでは撮影した中からクモハ224-6016を貼ります。225系6000番代は、本線系統用の0番代から福知山線用に転用されたグループで、最高速度120km/hで運用されるため、6000番代に改番、識別のために前面貫通扉と側面乗務員扉にオレンジ色帯が2本追加されています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


関西遠征報告1(引退が迫った105系の珍車クハ104-551)

クハ104-551クハ104-551(近ヒネ) 2018年10月6日 五条駅

10月5日の夜に出て7日まで2日間の関西遠征に出ていました。出張を絡めてのものを除けば、今年2回目の遠征です。友人・知人から「あちこちマメに行っている」とか「曇るとしょっちゅう撮りに行っている」と言われますが、遠征回数はそんなものですし、土休日に都合よく曇る日というのも年間を通じてそうそうありません。

JR西日本より和歌山線・桜井線と紀勢本線の一部に、2019年春より新型車227系1000番代が投入されると発表がありましたが、私は日根野に所属する105系のうち、1区分1両のクハ104-551は未撮影でした。クハ104-551は、1989(平成元)年に桜井線でダンプカーとの踏切事故で損傷したクハ105-7の代替として、翌1990年に103系のモハ102-385を電装解除し、事故車のクハ105-7の運転台部を接合して先頭車化改造したものです。電動車の改造であるため「クハ104形」を名乗るものの、クハ105形と同様、103系1000番代ゆかりの顔をしており、改造とともに分散型の冷房装置WAU102が搭載され、ひと目で番号を特定できる珍車となりました。

クハ104-551を五条駅の留置で綺麗に撮るために2016(平成28)年にも遠征をしましたが、この時は豪雨で運用が流れず、ある程度想定していたものの空振り…。今回も10月2日の目撃情報だけが頼りでしたので、高田駅で五条駅まで乗車する列車にクハ104-551の姿を確認できた時はホッと胸を撫で下ろしました。
こうしてこの電車に揺られていって無事に撮影できたのがこのカットです。

続きを読む