ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > E261系特急形直流電車

E261系特急形直流電車


概説

▼ クリックで展開します
モロE261-2

モロE261-1・2

5号車として連結されるグリーン車で、VVVFインバータ制御装置を装備する中間電動車(M1s)。屋根上にパンタグラフ2基(PS33H、後位側は予備)を搭載する。出入台は後位側である。車椅子対応座席、車椅子スペース、車椅子対応便所、多目的室が設置されている(定員14名)。 写真は2・4位側を示す。
モロE261-2(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

モロE261-2

写真は3・1位側を示す。 海側は両先頭車と当車にロゴがある。
モロE261-2(宮オオ)拡大画像を見る
2020年2月15日 伊東駅にて

モロE261-102

モロE261-101・102

3号車として連結されるグリーン個室4室を設置する中間電動車(M1s1)で、VVVFインバータ制御装置、CPを装備する。前位屋根上にはパンタグラフを搭載する。前位側に便・洗面所、出入台が設置されている。定員20名。 写真は1・3位側を示す。
モロE261-102(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

モロE261-202

モロE261-201・202

7号車として連結されるグリーン車で、VVVFインバータ制御装置、CP(MH3130-C1600F)を装備する中間電動車(M1s)。前位側に便所(洋式および男子用)・洗面所、出入台が設置されている。定員30名。写真は1・3位側を示す。
モロE261-202(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

モロE260-2

モロE260-1・2

6号車として連結されるグリーン車で、VVVFインバータ制御装置を装備するが、パンタグラフを搭載しない中間電動車(M2s)である。便・洗面所はなく、定員は編成中最大の36名。写真は2・4位側を示す。
モロE260-2(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

モロE260-2

写真は1・3位側を示す。
モロE260-2(宮オオ)拡大画像を見る
2020年2月15日 伊東駅にて

モロE260-102

モロE260-101・102

2号車として連結されるグリーン個室車で、個室は4人用と6人用が2室ずつ配置されている。VVVFインバータ制御装置を装備するが、パンタグラフを搭載しない中間電動車(M2s1)である。前位側に出入台、後位側に便・洗面所が設置されている。定員20名。写真は1・3位側を示す。
モロE260-102(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

写真はあのません

クロE261-1・2

8号車(東京・新宿方)として連結される制御車(Tsc)で、2+1列のリクライニングシートを配置するグリーン車。定員24名。後位側に業務用室が設置されている。

クロE260-2

クロE260-1・2

1号車(伊豆急下田方)として連結される制御車(Tsc')で、プレミアムグリーン車として1+1列のリクライニングシートを配置している。定員20名。床下にSIVを搭載。車体裾部にLED前照灯、前面窓上部には左右に標識灯を装備している。
クロE260-2(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

サシE261-2

サシE261-1・2

4号車として連結されるカフェテリア車(TD)で、ヌードルバーとしてオープンキッチン、カウンター席、ボックス席が配置されている。販売カウンターと車販準備室を有する。
サシE261-2(宮オオ)拡大画像を見る
2019.11新製
2020年2月15日 伊東駅にて

クロE260-2他

クロE260-2他 拡大画像を見る

8両編成2本が大宮総合車両センターに配置されて、2020(令和2)年3月14日ダイヤ改正から「サフィール踊り子」として運転される。
2020年2月15日 伊東駅にて 

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る