ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ40系一般形気動車 > 「はやとの風」

キハ40系一般形気動車|「はやとの風」


概説

▼ クリックで展開します
キハ47-8092

キハ47-8092

「はやとの風」の予備車がないことから、2006(平成18)年にキハ47 92を種車として鹿児島総合車両所で改造された。「はやとの風」化とともに機関換装(コマツ製SA6D125-HE・300PS/2,000rpm)、ATS自動投入化、延命工事、空転対策がなされた。便所は車椅子対応大型便所となり、4位側に車椅子対応の1人掛け座席を設けている。冷房装置はAU619K(20,600kcal/h)、AU620K(20,000kcal/h)、定員84(座席31)名。1号車として連結される。
キハ47-8092(鹿カコ)拡大画像を見る
キハ47 92 1980.1新製→キハ47 8092 2006.1改造
2020年8月27日 鹿児島中央駅にて

キハ147-1045

キハ147-1045

キハ147-1045を種車として2004(平成16)年に小倉工場で改造されたもので、形式番号の変更はないが、「はやとの風」化とともに冷房装置はAU600KからAU619K(20,600kcal/h)、AU620K(20,000kcal/h)に変更された。「はやとの風」運転開始当初は1号車であったが、キハ47-8092が追加改造されて1号車となった際に方転して2号車となっている。機関はコマツ製SA6D125HD-1(360PS/2,000rpm)で、定員85(座席36)名。
キハ147-1045(鹿カコ)拡大画像を見る
キハ47 1045 1979.4新製→キハ147-1045 1989.6改造→「はやとの風」化 2004.2改造
2020年8月27日 鹿児島中央駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る