「成田山初詣やまなし号」のE257系0番代(クハE257-103)

クハE257-103クハE257-103(長モト) 2017年1月8日 佐倉駅

2017年の撮り始めの地は千葉県の佐倉駅でした。

青春18きっぷが1回分残っており、この3連休で消化をと考えていたところ、今日8日の千葉県は昼過ぎまでは曇り予報。すでにきっぷの元は取っており、午前中だけでも撮れればヨシとの思いで、佐倉駅で成田臨を中心に撮影する行程です。
今回の私の狙いは松本車両センターに所属するE257系です。甲府で何両か撮れますが、佐倉駅では甲府駅では橋上駅舎に少しかかってしまうクハE257形100番代が撮れるのではないかと目論みました。
結果はご覧のとおりで、乗客満載の「成田山初詣やまなし号」は佐倉駅に運転停車し、押さえることが出来ました。
さらに入庫時に乗客なし、ブラインド整備済のカットが撮れましたので、そちらは後日本編にアップいたします。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


房総特急用E257系の制御車クハE257-514

クハE257-514(千マリ) 2010年10月3日 安房鴨川駅

トレインブックス」の伊藤さんがこちらの記事でクハE257-515の形式写真をアップされていますので、関連して私は2年前に撮影したクハE257-514の写真をアップしてみます。

この当時はスカートが原形のままの車両が残っており、この車両も撮影した約5ヶ月後には改良型に交換されているようです。
ところで、知人から教えていただいたのですが、E257系500番代の側面雨樋部分には違いがあるようです。伊藤さんの写真のクハE257-515と比べてみてください。クハE257-515の方は乗務員扉と客用扉のすぐ上部にあります。それに対し、こちらのクハE257-514の方はさらに上のR部分が終わる辺りにあります。前者は日立製、後者は東急製ですのでメーカーによる違いでしょうか。

こうした違いを確認してみるのも形式写真撮影の楽しみのひとつですし、これらはネット上を巡回してもあまり書かれていないことですので、情報発信していくことは大変有意義に感じます。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)