特急「ライラック」のクハ789形200番代(クハ789-205)

クハ789-205クハ789-205(札サウ) 2017年11月4日 岩見沢駅

北海道遠征最終日の報告です。

前日はメインの「ニセコエクスプレス」を撮影したのがお昼過ぎでしたが、15時頃には周囲が暗くなり、これ以上の撮影はできませんでした。したがって、最終日に数を稼ぐつもりでいました。

前夜からの雨は上がり、天気予報は晴れ傾向となりましたので、当初予定していた苫小牧方面は諦めることに…。結果的に岩見沢に向かう伊藤さんに便乗することとなり、「一日散歩きっぷ」を購入して2人で旭川行の始発列車に乗り込みます。岩見沢では明け方まで雪が降っていたようで、留置車両の屋根は雪化粧。これでは形式写真になりません。最低限の撮影にとどめて江別へ向かいましたが、すでにピーカンとなってしまったので素通りして苗穂へ…。ここもピーカンでしたが、予報では午後も雨か雪のようで、実際、既に日本海側では降り始めている模様。すると、予報どおり雲が広がってきて、撮影タイムに突入。数本の留置編成を撮影し、13時頃には冷たい雨となりました。

ここで2日間行動を共にした伊藤さんと分かれて、次なる撮影地へ。苗穂で撮影した時点で次は石狩当別を予定しましたが、スマホでアメダスをチェックすると、晴れ予報の苫小牧が日照「0」となっているではないですか。そこで、苫小牧へ向かうことにしますが、札幌周辺のローカル列車が軒並み遅れており、13:00の苫小牧行は20分ほど遅れている模様。撮影を予定していた列車に間に合わなくなりそうでしたが、一か八かで苫小牧へ。17分程度の遅れで済み、キハ143を予定通り撮影。「すずらん」の1本が789系1000番代だったのは残念でしたが、石狩当別よりも撮影両数は確保できたと思います。

写真は朝、岩見沢駅で撮影した特急「ライラック」のクハ789-205です。青函特急「スーパー白鳥」として活躍してきましたが、北海道新幹線開業により同列車は廃止となり、2017(平成29)年3月ダイヤ改正より特急「ライラック」に使用されることになり転用改造されました。保安装置やブレーキ装置の改造のほか、先頭車はスカート部の変化や、前面の愛称表示器がフルカラーLEDとなっているのが目立ちます。また、各編成に北海道内の観光ラッピングが施され、このHE-105+HE-205編成は「空知」のラッピングが側面に施されています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)