東北遠征報告(2)僅か1両のみ製造されたサハ701形100番代

サハ701-101サハ701-101(秋アキ) 2016年11月5日 秋田駅

遠征2日目に撮影したサハ701-101をアップします。

この遠征では、鉄活動から離れていたの期間を挟み1989(平成元年)以来ご無沙汰していた秋田地区への訪問を軸とし、置換えが予定されている男鹿線のキハ40系、そしてこの期間の目玉として秋田駅まで延長運転される「きらきらうえつ」の中間車、11月5日には朝方土崎駅に回送される「クルージングトレイン」をターゲットとしました。

秋田駅にほど近い宿を早朝に出て、土崎駅で「クルージングトレイン」を待ち撮影開始すると、1カット撮った途端に土砂降りの雨に…。同車は約1時間停車しているため、雨が上がるのを待っていたところ、3番線に入線してきた上り701系3連の先頭車の顔をふと見ると、「あっ!」と心の中で叫びました。尾灯が上にあるので100番代、3連ということはつまり…。すぐさま階段を上って乗り込み、秋田駅に戻ります。咄嗟の場合に備えて、土砂降りの間に帰りの切符を用意しておいたのも幸いでした。車内アナウンスを聞くと7番線に入線とのこと。心躍りながら1区分1両のサハ701-101をゲットしたというわけです。

「不人気車」と言われる701系ですが、これを撮れただけでも秋田に来た甲斐があったとと思っています。加えて、ラッキーなことに先頭車のクハ700-101(同区分では唯一の非ワンマン車)まで撮れてしまいました。普通は障害物があって綺麗に撮れないんですけどね…。こちらについては別の機会にアップします。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


新潟・山形出撃報告(2)

クハ700-5503クハ700-5503(仙カタ) 2014年11月3日 かみのやま温泉駅

遠征2日目の写真からは701系5500番代の制御車クハ700-5503をアップします。

この日は山形6:30の列車でかみのやま温泉駅へ移動。
ここは以前、形式写真仲間の横山さんと川崎さんが訪問されていて、いただいた情報を大いに参考にさせていただきました。感謝しております。
701系5500番代、719系5000番代、そして山形新幹線E3系2000番代を半日かけて撮影。701系5500番代Mcは機器更新車と未更新車をそれぞれ記録でき、4連運転の時にしか撮れないT’cも小雨交じりではあったものの、写真のとおり押さえられました。

午後は山形駅に移動して小雨降る中キハ101形を撮影して終了。
15:46発のつばさ148号で山形を後にしました。

この日朝5時の予報では前日予報よりも好転し、日中はほぼ曇りというもの。しかし、時折土砂降りになったり、日が差したりと難しい天気でした。この遠征は予報どおり雨の中の撮影が多かったものの、晴れる時間や土砂降りの時間が僅かであったため、そこそこの成果は出せたと思います。考えてみたら、山形県内での撮影は鉄活動を再開して初めてです。それもあってか、楽しめた2日間でした。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


701系1000番代の付随車サハ700形1000番代

サハ700-1004サハ700-1004(仙セン) 2014年4月20日 黒磯駅

20日の出撃では、昨年から狙っていた701系4両編成のうち、T’、M、TC’の3形式を撮影できました。今日はその中のひとつサハ700形1000番代の形式写真をアップします。

701系4両編成は4本が仙台車両センターに在籍しており、以前は東北本線白石以北の運用が組まれていて、形式写真を綺麗に撮れる駅がないため、撮影するのにとても苦労しました。当時は、タイガーロープと雑草のある岩切駅で妥協しています。(制御装置更新前に撮れたので、それはそれでよかったと思っています。)

2013年3月改正で運用が変更となり、黒磯、郡山、福島駅などで撮影できるようになりましたので、良好に撮影できる黒磯駅での撮影機会を狙っていましたが、夏場は構内の雑草がひどく、9月にモハ701形1000番代を小雨降る中撮影しましたが、その後冬から春にかけては天候と自分の予定とがうまく合わず、ダイヤ改正を迎えてしまいました。しかし、改正後も撮影できることがわかり、ようやく20日にゲット、という訳です。

ファンの人気は今ひとつの701系ですが、形式写真仲間においては、結構盛り上がったりしています。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


701系の中間電動車モハ701形1000番代

モハ701-1002モハ701-1002(仙セン) 2013年9月8日 郡山駅

今日は青春18きっぷの最後の1回を使って、高崎と郡山で撮影してきました。移動距離が長く、撮影もピンポイント的に撮りたいものにターゲットを絞ってのものでしたので、「撮影報告」を書くほどのものではないため、郡山で撮影したモハ701-1002をアップします。

モハ701形1000番代は、701系1000番代のうち、4本だけ在籍する4両編成の中間電動車で、1994・95(平成6・7)年に新製されました。2011・12(平成23・24)年に機器更新工事を受けており、ブレーキ装置が発電ブレーキから回生ブレーキに変更され、それに伴って屋根上の抵抗器が撤去されています。現在も仙台に所属して東北本線、常磐線で使用されています。

このカットは小雨の中撮影しましたが、何とか見られる写真となりましたので掲載しますが、サハ700形についてはよい条件で撮れなかったため、宿題として残りました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


25年ぶりの大館・弘前遠征(2)

クモハ701-103クモハ701-103(秋アキ) 2013年8月24日 大館駅

2日目の朝も大館からスタートです。昨日は7時半過ぎに撮影を開始したため、夜間留置されていた701系は全て出払っており、その後留置された編成も中4線開きと、撮影にはイマイチでしたが、今日は5:55の始発に合わせて駅に入ったため、2本の留置車両を撮影できました。

乗り鉄には特に嫌われている701系ですが、私もこの遠征中は乗るのも撮るのも701系ばかり…。
しかし、701系はそれなりにバリエーションもあり、形式写真を撮影する立場からすれば、撮り甲斐のある車両です。
今回は残念ながら100番代で1編成しかいないN101編成は目撃だけで終わってしまいましたが、2両編成の100番代の方は撮影できました。このクモハ701-103は一時期仙台にいた頃にも撮影しており、その時は制御装置は未更新でした。
続きを読む