荷物扉が閉鎖されている「はるか」のクハ281形(クハ281-8)

クハ281-8クハ281-8(近ヒネ) 2016年12月24日 野洲駅

12/24の関西遠征の成果からもう1枚紹介いたします。
野洲駅で撮影した関空特急「はるか」の制御車クハ281形ですが、以前も同じ場所で撮影したことがあります。
クハ281形には、京都シティエアターミナル (K-CAT) で搭乗手続を済ませた旅客が手荷物を預け入れられるよう、荷物室が設置されました。しかし、2002(平成14)年にK-CATが廃止されて、クハ281形の荷物室は使用停止となり、編成の向きは逆になっています。しかし、荷物室は存置されており、客室への改造などは行われていませんでした。2016(平成28)年1月に、荷物室扉の外板パネルが走行中に落下するという事故が発生。これを受けてのことであると思われますが、HA602編成を皮切りに荷物扉の閉鎖工事が行われています。
12/24はキヤ141系を撮りに行く前に、223系などとともにクハ281形の荷物扉閉鎖後の姿を収めようと計画。無事にゲットできたのがこちらのカットです。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


281系のグリーン制御車クロ280形

クロ280-2クロ280-2 (近ヒネ) 2016年3月6日 守山駅

前日に続き日根野に所属する特急車ですが、京都遠征2日目の撮影から関西国際空港アクセス特急「はるか」のグリーン制御車クロ280形をアップします。

この日は朝のうちだけ守山駅での撮影を予定していました。守山駅を選んだのは、223系1000番代のクハ222形の写真がこれまでにうまく撮れていなかったためですが、あいにく午前中は晴天となってしまい、目的は果たせませんでした。しかしながら、守山駅は東側に高層マンションが建っているため、晴れていても朝のうちは何とか陰になって撮影できる場合があります。

281系も撮影困難な系列ですが、朝方運転される米原始発の列車を何度かに分けて狙えば、ある程度そろえることが可能です。今回は守山駅の構造と太陽の位置の関係で、撮影済みの形式区分になってしまいましたが、既撮影済みのものとは逆サイドですので、まあヨシとしましょう。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


滋賀・三重出撃報告

クハ281-7クハ281-7(近ヒネ) 2013年12月23日 野洲駅

12月22日の「ムーンライトながら」の指定券が取れたので、23日は滋賀県と三重県で撮影してきました。

12月23日は吹田総合車両所京都支所(近キト)に所属する443系交直流電気検測試験車が向日町(操)→柘植→梅小路(貨)→敦賀→向日町操(操)という経路で運転されることになっていて、これまで満足のいく撮影ができていなかったため、柘植駅で撮影する計画を立てていました。
しかし、青春18きっぷシーズンで「ムーンライトながら」の指定券をなかなか確保できず、新幹線で行くには天気予報が不安定でもあり、半ば諦めかけていましたが、ラッキーなことに指定券が確保できたので、Goサインを出しました。
「ムーンライトながら」(私としては「大垣夜行」といった方がしっくりきますが)は、この冬から185系となったことで東京駅では多数の人がスナップ写真を撮っていました。
久しぶりの大垣夜行、座席がデッキ近くだったこともあり、あまりよく眠れませんでした。名古屋駅
到着前に天気予報で滋賀県内が午前中曇りであることを確認し、大垣まで乗り通すことにします。大垣到着後繰り広げられる「ダッシュ」など、若い頃を思い出しました。

大垣では昔のように113系の狭いボックスシートに座ることもなく、223系で快適に米原へ。さらに新快速に乗り継ぎ、7時前に最初の目的地野洲に降り立ちました。
まずは最初の目的である米原始発の特急「はるか」のクハ281形を写真のようにゲット。

続きを読む


サハ281-108

サハ281-108サハ281-108(近ヒネ)  2011年5月5日 京都駅にて

今日は5月5日に京都駅で撮影したサハ281-108の形式写真を紹介します。

京都駅の0番線はかつての1番線です。1番線であった当時は形式写真が撮りやすい場所だったのですが、駅ビルの建設により暗くなってしまいました。それでも回送などでなかなか撮りにくい車両が入線するため、重宝する場所です。
今までここで関空特急の281系を撮影したことはありませんでしたが、5月5日の早朝(5時40分頃)に0番線に回送で入線し、撮影したカットがコレです。
281系を2線開き以上の条件で撮るには、草津や米原発の列車を京都以東または京都駅の7番線で撮るしかありません。しかし、京都以東となると、そのためだけにそこを訪問する機会を作るというのはなかなか実現しにくい状況です。
したがって、多少条件は悪くても、このカットは自分にとっては貴重なひとコマです。