寝台特急「北斗星」のカニ24形500番代

カニ24 506カニ24 506 2014年11月24日 大宮駅

JRグループの2015年3月ダイヤ改正のプレスリリース前ですが、各報道機関から寝台特急「北斗星」の廃止の報道がなされました。

いずれはこの日が来ることは分かっていましたが、実際に発表になると寂しいものです。しかし、使われている24系客車の中には車齢40年を超えているものもありますので、北海道新幹線建設との関係以前に、もうこれ以上特急列車として走らせておくのは限界であるように思えます。私が形式写真を撮影し始めたのは昭和60年代初頭ですが、そこから換算して40年前といえば終戦直後。経済事情などの要件が全く違うので単純比較はできませんが、40年も前に作られた車両が特急列車に使われているなどということは当時考えられませんでしたので。

というわけで、今回は11日ほど前に撮影したカニ24 506の写真をアップします。このカニ24 506もカニ24 8を種車としており、製造は40年前。こんなことを書くとまたツイッターなどで何かと書かれるかもしれませんが、この日は休日だったものの、車齢40年で、来春廃止になるかもしれない列車のテールマークを掲げた車両にカメラを向けていたのは私ひとりでした。でも、明日からは違うんでしょうね。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「北斗星」のロイヤル・ソロ合造車オロハネ25形500番代

オロハネ25 503(東オク) 2014年12月04日 尾久駅

昨日から尾久駅に大宮車両センターに入場すると思われるオロハネ25形500番代とオハネフ25形0番代が留置されていたようですが、それをネットで知って気になっていたからなのか、今朝は5時半過ぎに目が覚めてしまいました。そんな訳で気が変わって、今朝は出勤前に尾久駅に出向いて、オロハネ25 503とオハネフ25 14(前位側)の形式写真を撮影してきました。

オロハネ25形500番代は寝台特急「北斗星」用ロイヤル・ソロ合造車で、オハネ25形0番代を種車としています。後位側(写真奥)がロイヤル2室、前位側(写真手前)が2階構造のソロ12室となっています。
今日はオロハネ25 503が妻面出しのよい条件で撮り直せましたので、本編の写真を差し替えました。こちらのブログには前位側から撮影した写真を貼っておきます。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「北斗星」に使用されるカニ24形500番代(カニ24 505)

カニ24 505カニ24 505(東オク) 2014年9月13日 大宮駅

今日の天気予報は晴れベースでしたので、ゆっくり寝ていようと思っていたところ、7時頃目を覚ますと外が曇っていたので、大宮駅まで出撃してきました。
3月改正で651系1000番代が高崎線系統にデビューしましたが、付属編成のクハ651形1100番代を撮影するのが結構困難です。「4004Mを大宮駅で撮影できるのか?」ということが数ヶ月前から形式写真WEB仲間の間で話題になっていて、言い出しっぺが私でしたので、できるだけ早く確認をと思っていましたが、ようやく今日撮影できました。
その写真は本編にアップしましたが、その直前に撮った「北斗星」のカニ24 505をアップします。何度か撮影している車両ですが、よくよく確認してみると、大宮で「北斗星」のカニをデジタルで撮影するのはこれが初めてでした。数年前まで編成の向きが逆だったというのが理由ですが、今日は入線シーンを撮る人達はそこそこいましたが、相変わらず客車にカメラを向ける人は皆無で、ゆっくりと撮影できました。これが廃止が正式発表されるようなことがあれば違うんでしょうね…。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「あけぼの」定期最終列車に使用されたオハネフ24 23

オハネフ24 23オハネフ24 23 2014年3月16日 尾久駅

3月14日の投稿では「あけぼの」上り最終列車に使用されたカニ24 112の2年前に撮影した画像を掲載しましたが、今日は早朝に出撃して3月15日上野着の9022レに運用後、尾久駅の「東北2番」で青森への回送を待つオハネフ24 23の写真を撮影してきましたので紹介します。早朝に出かけた理由は、今日の天気予報が「晴れ」だったため、光線の影響が少ない日の出前に撮影したかったからです。

乗務員室窓が小窓化され、雨樋が外付けに改造された青森のオハネフ24形を撮影したいとずっと思っていましたが、ようやく最後の最後に(まだ臨時列車に使用されるとかしれないですが)実現しました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


寝台特急「あけぼの」のカニ24 112

カニ24 112カニ24 112(盛アオ) 2012年8月11日 大宮駅

明日3月15日にJRグループのダイヤ改正が予定されており、今夜はNHKのニュースでも本日限りで運行終了となる寝台特急「あけぼの」の出発シーンが上野駅と秋田駅で生中継されました。上り列車の映像を見ると、最後尾に連結されている電源車はこのカニ24 112でした。発電装置の更新が行われており、屋根上のファンが2基に、側面はルーバーが埋められた上に、さらに非貫通化されているなど特徴的な車両です。
私は1990年代前半以降、鉄活動から離れていましたが、2000年代に活動を復活した際にこの車両を見て「こんな珍改造車がいるのか!」と驚いたものです。その後何度か撮影していますので、最後の「あけぼの」にこの車両が連結されていたというのは今後も記憶に残ると思います。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


寝台特急「あけぼの」の電源車カニ24 109

カニ24 109カニ24 109(盛アオ) 2007年9月28日 大宮駅

ニュースサイトに寝台特急「あけぼの」が本年度限りで廃止される見通しという記事が出ました。JR東日本の公式発表よりも先に、こうして記事が出てしまうのはどうかと思いますが、ほぼ間違いなく廃止ということでしょう。

私自身も撮影するばかりで一度も乗ったことがありませんので、廃止についてどうこう言える立場ではありませんが、また鉄道雑誌が煽り、上野や大宮あたりが大騒ぎになるのかと思うとウンザリです。トラブルが起きて、駅での撮影そのものが禁止にならなければよいな、と心配しています。

写真はその「あけぼの」に使用されるカニ24 109です。牽引機ばかりに注目が集まり、ほとんどの撮影者が客車に目を向けませんが、これからは撮る人が増えるのでしょう。しかし、これからの季節、雪の付着のない客車の形式写真を撮るのは苦労すると思います。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


9/1 新津他出撃報告

クハ115-1230クハ115-1230 (「長ナノ」と表記) 2013年9月1日 新津駅

9月1日は新津駅と長岡駅で撮影してきました。

毎年夏は青春18きっぷを買って撮影計画を立てていますが、特にこの夏は、「新潟地区強化」と銘打って、新ニイ115系特徴車の運用実績を毎日色々な方法で調べては表に記録し、効率よく撮影できないかどうか機会を窺っていました。最難関のクハ115-1601については7月28日に撮影できましたので、その後はL編成の特徴車を主たるターゲットとして計画を立てていましたが、運用どおりに推移すれば、9月1日に長岡駅でクハ115-552と553が撮影できそうだと分かり、8月31日夜の「ムーンライトえちご」の指定券を押さえ、後は天気予報を気にしていました。直前まで台風が日本列島を縦断しそうな予報でしたので、危ぶまれましたが、幸いにも新潟地区は曇り傾向の予報でしたので、予定通り出発。

1日未明、新津駅に着くと、長ナノからの転属して8月23日にようやく運用に入ったN33編成が留置されています。1000番代の非リニューアル車で、車種としてはどうということはありませんが、長野色のまま運用入りしたので新潟地区では人気があるようです。話題の編成が記録できることはラッキーなことですし、長野色のまま新潟地区仕様の側扉下のステッカーが付いているのもよい記録ですので、夜が明けるのを待って撮影しました。

続きを読む


25年ぶりの大館・弘前遠征(1)

オハネ24 553オハネ24 553(盛アオ) 2013年8月23日 大館駅

8/23・24と大館、弘前に遠征してきました。

当初は23日に新潟地区、次の日に大館・弘前で撮影というプランを立てましたが、新潟の天気予報が雨傾向になったため、急遽予定変更。「ムーンライトえちご」に乗るのを止めて、キャンセルが出て何とか確保できた22日の能代・大館行高速バス「ジュピター号」で、23日朝に大館入りして撮影することにしました。

大館に行く理由は「あけぼの」に連結されているスロネ24形550番代、オハネ24形550番代を撮影するためです。
数年前までは同駅では「あけぼの」入線時に中線に貨物列車が停車しているため、被って撮影できませんでしたが、最近の写真などから判断すると、定刻であれば撮影できそうです。

23日朝、大館秋北バスターミナルから路線バスに乗り継ぎ、大館駅に7時20分過ぎに到着。早速701系などを撮影開始。このあたりでは既に新学期が始まっているので、学生さんがたくさん降りてきました。今回、残念なのは花輪線鹿角花輪-大館間が大雨による災害で現在も不通となっているため、構内に気動車の留置はありません。気動車による間合いの奥羽本線列車も701系2連が代走していました。

そして8:32定刻通りに「あけぼの」が入線。2分の停車時間も比較的長く感じられ、スロネ24、オハネ24の他に最後尾ののオハネフ24も撮影できました。

オハネ24 551の方が良好に撮れましたが、ここでは停車位置がわかるように6号車に連結されていたオハネ24 553の写真を載せておきます。

続きを読む


JR北海道のB個室寝台車オハネ25形550番代

オハネ25 552オハネ25 552(札サウ) 2012年7月30日 苫小牧駅

WEBの更新作業として、オハネ25のページに取り掛かっていますが、なかなか出来そうもないので、こちらで少し小出しにしてみたいと思ってアップしました。

JR北海道の寝台特急「北斗星」の1人用B個室寝台「ソロ」で、オハ14 502・538を種車として1993(平成3)年に改造されました。2層構造の個室を17室設置しており、寝台側は写真のように小窓が並ぶ特徴的な外観となっています。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


北関東で形式写真三昧

わたらせ渓谷鐵道 わ89-101わたらせ渓谷鐵道 わ89-101 2013年3月24日 相老駅

今日は青春18きっぷで群馬、栃木と北関東方面に出撃して来ました。

本当は先日から順延していた新潟に行く予定でしたが、またしても天気予報で晴れベースとなったため断念。関東地方は曇り予報となったため、まずは3月いっぱいで引退が予定されており、旧塗色に塗り替えられたわたらせ渓谷鐵道わ89-101を撮影するため、東北線の始発列車に乗り込み、小山乗り換えで桐生へ。そこでバッタリ形式写真家のKさんとお会いし、目的はもちろん同じということで、途中の撮影パターンは異なりましたが、一緒に撮影を楽しみました。
天気予報通り、バッチリと曇り、相老駅で撮影出来たのがこのカットです。

続きを読む


次のページ →