窓の縦桟が無塗装となっている千マリのクハ209-2003

クハ209-2003クハ209-2003(千マリ) 20XX年X月XX日 **駅

2月9日にちなんで、2ヵ月ほど前に撮影したクハ209形2000番代(クハ209-2003)の写真をアップします。

JR東日本千葉支社幕張車両センターに所属する209系2000・2100番代は、113系、211系を置き換えるために、209系0番代を種車として改造されました。その際、制御車(クハ209形、クハ208形)については、初期車を種車とする空気式ドアエンジン装備車が2000番代、電気式ドアエンジン装備車が2100番代に区分されています。2000番代車は9両ずつ改造されており、いずれも4両編成に連結されています。出会う確率は低いものの、9両ずついるので、余程運が悪くない限りは、何度か通うか、粘れば出会える車両であるとは思います。

ところで、このクハ209-2003はクハ209-11を種車とし、京浜東北線時代に大窓の一部の開閉化改造を受けています。窓開閉化に際しては、大窓が分割されて縦桟が追加され、大きい側を上段下降下段固定としています。その縦桟は標準的なものは黒色なのですが、このクハ209-2003は無塗装となっています。同じように無塗装となっている車両として、ネット上の画像からはマリC401編成のクハ209-2127、C427編成のクハ209-2004、八高線のハエ61編成が確認できます。ハエ61編成の縦桟の件については、トレインブックスの伊藤さんのブログのこちらの記事で紹介されています。しかし、ハエ61編成は私が2008(平成20)年に撮影した際(こちらを参照)には縦桟が黒色なのです。それ以降に無塗装化されたものと思われます。
今回アップしたクハ209-2003の縦桟が無塗装となったのは、房総地区転用後なのか、それ以前7なのかはわかりません。
これまで縦桟が無塗装であると確認できた車両は、いずれも川崎重工製の車両です。とはいえ、川重製の中でもほんの僅かに過ぎません。細かいことですが、ちょっと興味深い特徴です。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


帯色が黄5号となっているミツ516編成のクハ208-516

クハ208-516クハ208-516(八ミツ) 2015年6月21日 市川駅

先日の投稿で、209系500番代ミツ516編成は帯色が黄5号となっていることを書きました。その時は中間車の写真をアップしたので、違いがよくわかりませんでしたが、先頭車のクハ208-516を撮影しましたので、アップします。うーん、確かに前面帯と比較すると色調が違いますが…。

続きを読む


帯色が黄5号となっているミツ516編成のサハ209-562

サハ209-562サハ209-562(八ミツ) 2015年5月16日 市川駅

今日アップするのは三鷹車両センターの209系500番代、ミツ516編成のサハ209-562です。
中央・総武緩行線の209系500番代は、黄1号の帯を巻いていますが、現在、このミツ516編成のみ、色が濃い黄5号の帯色となっているようです。
これは一時期、この編成が京浜東北線に転属しており、再び中央・総武緩行線に戻った時に何故か帯色が黄5号となってしまったことによるものです。ただし、先頭車の前面FRP部分は黄1号帯のようで、どうせなら先頭車を撮っておいてブログ記事とした方がわかりやすかったかもしれません。何しろ微妙な色の違いは、撮影機材や画像処理の条件などによっても見え方が変わってきますから…。

なお、現在京葉車両センターに所属するM73編成も、京浜東北線から一旦中央・総武緩行線に戻った時に再びミツ515編成となりましたが、その際に黄5号になっていたそうです。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


209系ナハ53編成のモハ209-2203

モハ209-2203モハ209-2203(矢向駅) 2015年5月9日 矢向駅

今日は南武線に1編成だけ残った209系2200番代ナハ53編成が矢向駅に留置される運用に入ったため、パンタ付のモハ209形2200番代を中心に撮影してきました。

これまでに矢向駅か武蔵溝ノ口駅で留置される運用に入りそうな時に撮影したいと思い続けて年月が経過し、とうとう1本だけになってしまって半ば諦めかけていましたが、何とか曇りの日にゲット出来ました。
いずれは本編に説明文を加えて1位側の写真を掲載する予定でいますので、ここでは3位側から撮った写真をアップします。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


209系3100番代の中間電動車モハ209-3101

モハ209-3101モハ209-3101 2014年11月08日 高麗川駅

昨日は209系3100番代ハエ71編成の写真を撮りに高麗川駅に行った話をしましたので、そのメインターゲットである209系3100番代の中間電動車モハ209-3101の写真をアップいたします。2位側から撮ったものは本編に載せようと思いますので、4位側からの写真をここに貼っておきます。

東京臨海鉄道からの譲渡車であるモハ209-3102は春に撮影することができましたが、高麗川駅を訪問したのはそれ以来で、2度の訪問でうまい具合に撮影困難な2編成をゲットすることが出来たというわけです。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


現存唯一のクハ209形0番代(クハ209-68)

クハ209-68クハ209-68(横ナハ) 2014年8月12日 矢向駅

今朝は早起きして出勤前に南武線矢向駅まで出撃してきました。
南武線の運用はこれまでも気にしていましたが、E233系8000番代の営業開始が目前に迫るここ数ヵ月はほぼ毎日注目していました。今朝は209系0番代最後の1本となったナハ32編成3区分の形式写真が出庫前に撮影できる見通しで、しかも曇り予報であるという、絶好のチャンスでした。

ここに紹介するのは川崎方制御車のクハ209-68です。つまり、現存唯一のクハ209形0番代という事になります。
E233系の投入後、205系は順次廃車が進むと思われます、209系についてはどうなるのかは不明です。制御機器を更新した2200番代については他線に転用ということも考えられるものの、この0番代については廃車になる可能性が高いのではないでしょうか。
ナハ32編成はパンタグラフがシングルアーム式に換装されており、これは京浜東北線の209系には見られなかったことです。こちらもようやく記録できましたので、準備ができ次第本編に掲載予定です。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


元東京臨海高速鉄道70-027のモハ209-3102

モハ209-3102モハ209-3102(宮ハエ) 2014年4月28日 高麗川駅

八高・川越線では205系3000番代5編成、209系3000番代4編成と209系3100番代2編成の計11編成が運用されています。このうち、209系3100番代はハエ71・72の編成番号となっており、ハエ71の中間車2両(モハ208・209-3101)が新製車で、その他は東京臨海高速鉄道70-000系の改造車です。これらは10両編成化時に余剰となった制御車4両・中間車2両の計6 両をJR東日本が譲り受けたものです。

JRグループ間の車両譲渡例はいくつか例がありますが、第三セクター鉄道からJRグループへの譲渡となると、この東京臨海高速鉄道70-000系のほかは、高千穂鉄道からJR九州に譲渡されたキハ125形400番代ぐらいでしょうか。

4月28日に高麗川駅でハエ72編成のうち、八王子方3両の形式写真が撮影出来ましたので、本編にアップしました。このブログには本編とは別の写真を貼ってみました。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


京葉線に1編成だけ残る209系のクハ208-517

クハ208-517クハ208-517 2013年7月14日 蘇我駅

209系500番代は、中央・総武緩行線の103系を置き換えるため、1998(平成10)年から新製されました。E231系の試作車である209系950番代(現E231系900番代)の新製直後に新製されたもので、209系0番代の性能と950番代の拡幅車体を持っています。2000(平成12)年までに17編成170両が習志野に配置されましたが、第13編成以降は、京浜東北線への転出など、編成により転配属を繰り返しており、現在は三鷹に中央・総武緩行線用として13編成、京葉に武蔵野線用として3編成、京葉線用として1編成が所属しています。(サハ6両は廃車)

このクハ208-517は習志野から浦和に転属した後、京葉に再転属しており、現在では京葉線用209系として唯一残るケヨ34編成の東京方の制御車です。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


MUE-Trainのクヤ208-2

クヤ208-2クヤ208-2(宮ハエ) 2012年3月29日 小山駅にて

かつて京浜東北線で運転されていた209系0番代を改造した試験車「MUE-Train」。
2008年から試験走行が行われてきましたが、私自身、一足先に廃車となったサヤ209-8を八王子で撮っただけで、他は撮影機会に恵まれませんでした。

最近になって4月に廃車になるとの情報が出回り、どうやら今日3/29の運転が最後らしいというようなことでしたので、年度末ではありましたが、午後半休して出撃。

形式仲間のお二人と一緒に撮影しましたが、今日はあいにくのピーカンで、小山駅での撮影は逆光。久喜駅でも自分が間に合った夕方の時間帯は足回りが影になるという最悪の条件…。
でも、今日行かなければ実績ゼロに終わったに違いなく、逆光での写真はそこそこ見られるレベルでしたので、よかったです。