「グレードアップあずさ」色のクハ183-1001

クハ183-1001クハ183-1001(長モト) 1990年5月4日 甲府駅

豊田車両センターの189系M52編成が「グレードアップあずさ」色に塗色変更され、話題になっています。

リバイバルカラーといえば国鉄色だというのが常識のようになっていますが、JRになってから登場してその後消えた塗色も復刻の対象になろうとは思いもよりませんでした。

私は1990年代当時、あくまでもオリジナルに近い姿のものを撮影する方針で活動していたため、この塗色は敬遠していて、先頭車化改造車だけは仕方なしに撮っているものだと思っていましたが、ネガを見たらクハ183-1001もトップナンバーだからか撮影していました。本編には載せていなかったので、今日ここにアップします。

今回塗色変更されたM52編成、積極的に撮りに行くということはしないと思いますが、今は何でも撮るようにしていますので機会があればカメラを向けることになるでしょう。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「あずさ79号」に使用されたクハ183-1527

クハ183-1527クハ183-1527(長ナノ) 2014年8月9日 甲府駅

前回は臨時「あずさ」に使用された189系の制御車クハ189-10の形式写真をアップしましたが、今回は同じ日に臨時の「あずさ79号」に充当された長ナノN104編成の183系のクハ183-1527をアップします。前面の愛称表示は「特急」でした。

クハ183-1527は、クハ183-1027として1978(昭和53)年6月に新製され、新潟に配置されました。上越線の特急「とき」として活躍しましたが、1982(昭和57)年11月の上越新幹線開業に伴う在来線の「とき」廃止後の幕張転属に備えて、5月にATC取付改造を行ってクハ183-1527となりました。幕張で房総地区の特急に活躍後、2005(平成17)年に高崎、2006(平成18)年に大宮、2013(平成25)年に長野へと転属を繰り返し、現在は「妙高」や臨時列車に使用されています。
このクハ183-1527といえば、1528とともに前面の飾り帯の取付位置が低いのが特徴です。1528も長野に所属し、「あさま」色で特急マークがありませんでしたが、2012(平成24)年に国鉄特急色に戻されて特急マークが復活、塗色はこちらの1527が窓回りをグレードアップ車に合わせたものとなっているのに対し、オリジナルの塗り分けとなっています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


クハ183形のトップナンバー、クハ183-1

クハ183-1クハ183-1(千マリ) 1990年5月12日 成田駅

1947(昭和47)年の東京地下駅開業に合わせて登場した特急形直流電車、183系の制御車クハ183形のトップナンバーをアップします。

ネガを見たら、どうも「踊り子」のマークでしたのでスキャンしてみたら、成田-伊豆急下田間に走った臨時特急「ウイング踊り子」に充当された時に撮影したようです。ただ、この列車自体を撮りに行ったわけではなく、前後のコマを見ると中間車も含めてゆっくりと撮影できそうだったので撮影したようで、JNRマークのないこのクハは2カットしか撮っていないのに対し、モハ182-2はさらに多く撮っていました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


都内で国鉄型三昧の撮影報告

クハ183-1012クハ183-1012(宮オオ) 2012年11月23日 高尾駅

今日の東京は午前中雨模様でしたが、午後からは多少の止み間はありそうでしたので、昼頃から活動開始。
まずは高尾駅で115系と183系を撮影しました。

183系は奥の方に留置されているのかどうか、現地入りするまでわかりませんでしたが、中3線のよい位置に留置されていてホッとしました。
このクハ183-1012は特急マークなし、グレードアップ車に合わせた塗装など、違和感のある外観をしています。

続きを読む


国鉄特急色へ塗色変更される長ナノN101編成のクハ183-1525

クハ183-1525(長ナノ) 2008年6月21日 安食駅

10月20日に長野-直江津間に特急「あさま」号が運転されますが、その列車に使用される長ナノN101編成が臨時入場し、国鉄特急色へ塗色変更されているようです。

同編成の両端はクハ183形1000番代にATC取付改造を行った1500番代が連結されていますので、特急「あさま」という点を考えるとクハ183形が先頭というのはビミョーな気がしますが、まあ何らかの理由のことがあってのことなのでしょう。
この編成のクハ183-1528(飾り帯の位置が低い異端車)については本編の183系1000番代のページで紹介していますので、今回は反対側のクハ183-1525の写真を掲載します。1・3位側は写真のように雪切り室がありますが、2・4位側はATC設置で窓配置が変更されていますので、両側ともに特徴があります。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)