高タカのスハフ12形100番代

スハフ12 161スハフ12 161(高タカ)2015年11月14日 新津駅

13日の夜行バスに乗って新潟まで行き、新津駅で撮影してきました。

この週末に運転される「SL青い12系客車号」に使用される高崎車両センターの12系、スハフ12形100番代を撮影するためで、そのほかに「NO.DO.KA」、そして何より1年ぶりの訪問のため、その間に登場したE653系1100番代、E129系など、ひととおり撮影できればと思っていました。

前日の天気予報で「曇り、未明から朝雨」とのこのでしたのでゴーサインを出したものの、当日朝の予報で「昼過ぎから曇り」に変わってしまい、朝に集中する撮影ターゲットは雨で撃沈。スハフ12形もご覧のようにWEBレベルで見れば何とかなっていますが、納得できるものとはなりませんでした。

それでもリニューアル菱形ダブルパンタのモハ114-1083のように、撮りたかった車両が曇りで撮れたりしました。というか、目玉はこれぐらいでしたけど…。これらは順次サイトに反映させていきたいと思います。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


冷房装置が換装された「ばんえつ物語」のオハ12 316

オハ12 316オハ12 316(新ニイ) 2014年11月2日 新津駅

今日紹介する写真は「ばんえつ物語」に使用される12系客車のうち、車内販売スペースが設けられているオハ12 316です。

「SLばんえつ物語」は1999(平成11)年からC57 160と12系客車の専用編成で運転が開始され、2007(平成19)年に客車がリニューアル・塗色変更されていますが、この時に車内販売スペースを設置、2位側の窓4枚分が埋められて特徴的な外観となりました。さらに2012(平成24)年度に普通座席部分が「オコジョルーム」となっていましたが、2014(平成26)年にオコジョ展望車としてスハフ12 101が改造されるのに伴って、「ばんえつ物語」のオハ12形は先に改造されていたスロフ12 102と同一の塗装に改められ、「オコジョルーム」は一般座席に戻されました。なお、その時点では冷房装置はAU13Eのままでしたが、7月になって他の「ばんえつ物語」用オハ12形とともに写真のように冷房装置が換装されたようです。冷房装置型式は正確には把握できていませんが、485系で使用されているAU112でしょうか。
新塗色でAU13Eだったのは約5ヶ月間あまりだったようで、私も残念ながらその姿は記録できていません。

続きを読む


急行形座席客車12系のオハ12形(オハ12 369)

オハ12 369オハ12 369 2014年8月31日 横川駅

BSフジの番組、「鉄道伝説」で初回放送時に見損なった「万博輸送」の再放送を見たばかりですので、12系のオハ12形の写真をアップします。

12系急行形座席客車は、大阪万博に伴う波動輸送用として1969(昭和44)年に登場し、万博終了後も製造が続けられ、1978(昭和53)年までに600両以上が製造されました。
現在はJR東日本とJR西日本に臨時列車用として僅かな両数が残るのみとなっています。

私達昭和生まれの世代にとっては、たくさん走っていた車両なので、遠征の際に乗ることは多々あっても、余程の客車ファンなどでない限りは、1両ずつカメラを向けることなどなかった車両であり、希少となった現在でもファンの多くは牽引機の蒸機や電機ばかりにカメラを向ける、そんな車両であるように思います。

8月末にマヤ50形を撮りに横川に出向いた際は、その直後にDD51牽引の快速「碓氷」がやって来ましたので、12系客車をゆっくりと撮影することが出来ました。その中の1両、オハ12 369の写真をアップします。ラストグループに当たる車両ですので、万博輸送には関わっているものではありませんが…。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「SLばんえつ物語」に展望室付グリーン車連結へ

スハフ12 102スハフ12 102(新ニイ) 2011年2月12日 木更津駅

JR東日本新潟支社より、「SLばんえつ物語」に4月から展望室付グリーン車が連結されることが発表されました。
編成新潟方に連結される点と、「ぴたのりダイヤ情報」によると明日25日にスハフ12 102が新潟トランシスに入場するという点から、同車を種車として改造されて「スロフ12」形式が再び登場するということになりそうです。

これでまた新たなターゲットが生まれ、今からどのような形で撮影できるかが形式写真仲間の間ですでに話題に上っています。
種車のスハフ12 102の画像は尾久駅で撮影したものをこの時に既にアップ済みでしたので、今日は連結されていて顔が拝めませんが、千葉で走った時に撮った写真をアップします。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「ふれあいみちのく」のスロフ12 823

スロフ12 823スロフ12 823(盛モカ) 1988年11月20日 小牛田駅

国鉄盛岡鉄道管理局のジョイフルトレイン、「ふれあいみちのく」の緩急車であるスロフ12 823です。

スハフ12 120を1986(昭和61)年に改造したもので、2002(平成14)年まで活躍していました。
写真は許可を得て小牛田運転区で撮影させていただいた際、たまたま駅構内に待機したところを撮影したもので、特に狙っていたわけではなかったので、幸運でした。
昔は、一般車両を追いかけるので手一杯で、今みたいにダイヤ情報誌を買ってジョイフルトレインの運転予定をチェックしたりしていませんでしたので、こうしてついでに撮影することがほとんどでした。

(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


掛け持ち撮影報告

クハ117-28クハ117-28(海カキ) 2012年3月4日 御殿場駅にて

今日は青春18きっぷを使って静岡、東京、埼玉と掛け持ちで撮影してきました。

プランの軸は3月4日が運転最終日の「富士山トレイン117」のうち、形式写真が撮影可能なクハ117-28とモハ117-45を御殿場駅で撮るというものだった訳ですが、その前後をどうするか、とても迷いました。

天気予報その他を勘案した結果、東京5:20発の373系321Mで出発して沼津から裾野に入りモハ370-101を撮影、そして御殿場へというプランを選択。
始発電車で地元を出て、東京からは今度の改正で東京口からは撤退する373系に乗車。
沼津で乗換え、裾野で上記の車両を撮影して御殿場へ。そこではまず、手際よく試運転のための出庫準備中の小田急60000形を撮影し。ホームは寒いので「富士山トレイン117」が来るまで改札付近でひと休みしていました。
続きを読む