JR西日本の総合試験車キヤ141形(キヤ141-2)

キヤ141-2キヤ141-2(近キト) 2016年12月24日 柘植駅

22日の関西遠征は荒天の予報が出たため断念しましたが、23日夜の「ムーンライトながら」の指定券が確保できましたので、急遽クリスマスイブに遠征に出ることにしました。

22日と同様、24日もキヤ141系の草津線検測があるため、これをメインターゲットとして、22日は関西線中心だった前行程を組み直し、米原から西へ向かって、時間が許すまでJR西日本の一般形電車を中心に撮ることにしました。
天気予報が晴れベースに変わり、苦戦。前面の転落防止幌未取付の先頭車のうち、未撮影区分を何とかしたいという思いでしたが、短時間ではそううまくはいかないもので、クハ222形1000番代だけ日の出前に何とか撮れました。

守山でタイムアップ後、草津から草津線に乗り換え。行く手には雲がたくさんあり、期待を胸に柘植に向かいます。そういう時は大抵ダメなんですけど、今回は大丈夫でした。やや薄日が射したため、車体のテカリはありましたが、雲待ちして何とか撮れたのがこちらのカットです。

柘植でのひとり撮影会に気を良くして、昼過ぎ曇りマークの出た三重県は四日市に寄ってDD51を、と思いましたが、こちらは雲はあるものの、コースが太陽と離れていて全くダメ。午後は撮影ゼロに終わりましたが、まあメインターゲットが撮れたのでよかったです。

写真はキヤ141形で、信号・通信関係の機器を搭載しています。軌道検測を行うキクヤ141形の方が被写体としては面白いと思いますが、基幹形式の方をアップしてみました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)